「ぐんぎんでんさいネット」の機能追加・改善内容


  • 操作方法については、実際の画面とは一部異なる場合があります。

No. 機能追加・改善項目 内容
1 複数発生記録請求(画面入力)機能追加 一度の仮登録の操作で、複数債権の発生記録請求が可能となります。また、取引先グループからの選択や、過去請求取引からの再利用等、発生記録業務の操作性が向上します。
一括記録/複数記録請求のまとめ承認機能追加 一括記録請求ならびに複数記録請求を対象に、承認者による「承認」または「差戻し/削除」の操作が、最大で30件まとめて実施可能となります。
2 取引先情報のファイル登録機能追加 大量の取引先情報をファイル登録する機能や、登録済みの取引先情報からファイル取得する機能を追加します。
取引先情報のグループ管理機能追加 取引先をグループ管理する機能や、各取引先に債権金額を登録する機能を追加します。
3 口座の存在確認機能追加 記録請求の仮登録(修正)時に、請求先の口座情報について、利用者照会による存在確認を実施する機能を追加します。この機能を利用し、請求先を直接入力する場合は、口座情報より、利用者番号を自動補完します。
4 発生予約中債権の譲渡予約の制限機能追加 発生記録の予約中の債権について、債権者からの譲渡記録請求を不可とする機能を追加します。
5 一括記録請求時のチェック仕様見直し 一括記録請求のチェック方法を変更し、1明細のみのエラー情報還元から、全明細に対するエラー情報還元となります。
一括記録請求業務におけるエラー情報の画面還元対応 エラー情報を出力した帳票を画面からダウンロード可能となり、エラー発生時にツールやソフトを介すことなく、エラー内容の確認が可能となります。
一括記録請求明細詳細画面の全ページ印刷対応 一括記録請求の明細画面の印刷対象ページを全ページに変更します。
6 複数譲渡記録請求(画面入力)機能追加 一度の仮登録の操作で、複数債権の複数譲受人への譲渡記録請求が可能となります。操作方法はこちら(1,379KB)をご覧ください。
7 一括記録請求における導入テスト機能追加 一括記録請求(画面からのファイルアップロード)について、導入テストを可能とする機能を追加します。操作方法はこちら(568KB)をご覧ください。
8 照会機能(開示・取引履歴・通知)における機能改善 開示・取引履歴・通知の照会機能について、改善を行います。主な改善項目は以下のとおりです。
  • 開示の照会結果画面に、「合計件数・金額」、「発生日」を追加
    帳票出力用[債権一覧印刷]ボタンの追加
  • 取引履歴一覧画面の検索条件に「抽出範囲」を追加
  • 通知情報一覧画面の検索条件を、初期表示「表示状態」に変更
9 同一通知/宛先のメール集約対応と、メール利用有無設定 複数ユーザーに対し、同一メールアドレスを設定している場合、これまでユーザー単位に配信していたメールを、メールアドレス単位に集約します。また、メールの分類ごとに受信要否を設定できる機能を追加します。
10 非同期開示の支払期日の指定可能期間の拡大機能の追加 一括予約照会(非同期)の最新情報開示(抄本)による検索を行う場合に、支払期日の指定可能期間を、1か月から4か月に拡大します。
11 ユーザ管理業務における操作性改善 ユーザ管理業務について、仕様の補足説明を追加したり、業務の導線を考慮した画面遷移にするなど、操作性の改善をはかります。主な改善項目は以下のとおりです。
  • 承認パスワードの用途等の補足
  • 業務権限変更時の反映タイミングに関する対応
  • ユーザー管理メニューのボタン名、説明の変更
  • ユーザー変更画面等からの導線の追加
  • ユーザー一覧画面への権限設定状況の追加
12 画面仕様の改善 画面仕様の改善を行います。主な改善項目は以下のとおりです。
  • 一括記録先日付到来通知情報詳細における、譲受人により譲渡のみ予約取消された分割債権の表示方法変更
  • 一部譲渡時の譲渡指定金額のチェック条件変更
  • 譲渡記録請求対象債権検索における、債権者・譲受人になろうとする債権の表示方法変更
  • 結果不明となる取引が発生した場合のメッセージ変更
  • 残高証明書発行予定通知画面に表示しているアカウント番号削除
Get ADOBE READER
Adobe、Adobe ロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。