10万円を超える現金振込みには本人確認が必要になりました

平成19年1月4日より本人確認法令が改正され、お振込みの手続きは以下のようになりました。

  1. 現金でお振込みを行う場合
    1. 10万円を超える現金でのお振込みは、本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)をご持参のうえ、窓口にてお手続きをお願いいたします。
      ただし、当行で預金のお取引があり、既に本人確認の手続きがお済みの場合には、窓口でお振込みに際して、通帳やキャッシュカードを提示いただければ、本人確認書類の提示は必要ありません。
    2. ATMでは10万円を超える現金でのお振込みは、お取扱いできません。
      キャッシュカードによるお振込みは従来どおり引続きご利用いただけます。
  2. 預金口座を通じて振込みを行う場合
    ATM・窓口及びインターネットバンキングにおいては、従来と同様の方法でお振込みいただけます。
    ただし、口座開設の際に本人確認手続きがお済でない場合には、本人確認書類の提示がないとお振込みができないことがあります。

今回の法令改正は、マネーローンダリング、テロ資金供与防止のための国際的な要請を受けてのものです。
お客さまには、何卒ご理解、ご協力をお願いいたします。
詳しくは、窓口にお問合わせください。

窓口でご提示いただく本人確認書類

個人のお客さま
運転免許証、旅券(パスポート)、住民基本台帳カード(写真付きのもの)
各種健康保険証、各種年金手帳、各種福祉手帳、外国人登録証明証
  • 代理人によるお取引の場合には、ご本人と代理人、両方の本人確認書類をご提示願います。
法人のお客さま
登記事項証明書(登記簿謄本・抄本を含む)
印鑑登録証明書 など
  • 法人の場合には、上記の書類のほか、併せて来店された方の本人確認書類をご提示願います。