マイナンバーの届出にご協力ください

平成30年1月1日より、マイナンバー制度の改正にもとづき、銀行は、預金口座をお持ちのお客さまからマイナンバーの届出を受け、預金口座とマイナンバーを紐付けて管理することが義務付けられます。
これにともない、当行では平成30年1月1日以降、新たに預金口座を開設されるお客さま、および既に預金口座をお持ちのお客さまで当行と投資信託、公共債、マル優、外国送金等のお取引がないお客さまにつきましても、マイナンバーの届出をお願いすることとなりますので、ご協力いただきますようお願い申しあげます。
なお、一度当行にマイナンバーを届け出ていただいたお客さまは、原則、再度お届けいただく必要はありません。

マイナンバーの届出の対象となる主なお取引

~平成29年12月31日 平成30年1月1日~
投資信託・公共債など証券取引全般
マル優・マル特
財形貯蓄(年金・住宅)
外国送金など外国為替取引の一部
教育資金贈与専用預金
結婚・子育て資金贈与専用預金
同左(注1)
  預金(普通・定期・当座など)(注2)
  • これらのお取引をいただいているお客さまにつきましては、平成30年1月以降も、これまでと同様、マイナンバーの届出が必要です。
  • 具体的には、新規に預金口座を開設する際や、住所・氏名などの変更手続の際など、さまざまな場面においてマイナンバーの届出をお願いすることとなります。

ご参考

マイナンバー制度やマイナンバーの取扱について、詳しく知りたい方へ