「FBC上海2014(日中ものづくり商談会)」の開催結果について

平成26年9月24日

群馬銀行(頭取 齋藤 一雄)は、中国上海市において開催された「FBC上海2014(日中ものづくり商談会)」において、群馬県と連携してお取引先企業13社の出展をサポートいたしました。
本商談会は2005年から開催され、今回17回目となる製造業特化型の大型商談会で、中国ビジネスの展開を図る日本企業550社が一堂に会して大盛況となりました。期間中、中国地場企業を含め、約5,500社が来場し、約16,000件の商談が行われ、試作・見積依頼や後日面談の約束など、今後の販路拡大につながる成果を得ることができました。
当行は今後とも、お客さまにより一層ご満足いただけるサービスの提供に努めてまいります。

商談会の概況

  1. 会期

    平成26年9月3日(水)~4日(木)

  2. 来場者数

    8,800人

  3. 当行お取引先企業ブース訪問者

    1,315人(商談 172件、技術説明等 1,143件)

出展企業13社

企業名(主な出展品) 企業名(主な出展品)
株式会社浦和製作所(自動車部品) 株式会社日本アクチュエータ工業(ポンプ部品)
株式会社エフ・ティー・ピー(治具枠組み、設備) 株式会社マエキ (工作機械、切削工具等)
岡部工業株式会社 (板金部品の設計、製造) 青木精密工業株式会社(アルミフレーム加工)
株式会社荻野製作所(金属切削加工部品) 埼玉プレス鍛造株式会社(アルミ鍛造部品)
協立精工株式会社(精密プレス部品) 三愛工業株式会社 (精密板金)
櫻金属工業株式会社(エンジン部品各種) 和光紙器株式会社(包装材料)
株式会社三景(各種設計製作、樹脂成形)  

ご出展企業さまの声

  • 初めての出展であったが、見積もり依頼もあり、予想以上の成果があった。
  • 中国ローカル企業と数多く面談できて、自社製品に対する様々な反応を収集することができた。
  • 事前マッチングを行った企業との商談が有効だった。
  • 来年の出展も前向きに検討したい。

以上