「ぐんま医工連携活性化ファンド」の設立について

平成26年11月17日

群馬銀行(頭取 齋藤 一雄)は、医工連携※活性化の取組みの一環として、「ぐんま医工連携活性化投資事業有限責任組合(略称:ぐんま医工連携活性化ファンド)」を、株式会社地域経済活性化支援機構およびそのファンド運営子会社であるREVICキャピタル株式会社、ぐんぎんリース株式会社と共同で設立いたしましたのでお知らせいたします。
本ファンドは、群馬県を中心とする地域において、医療産業の振興に資するものづくり企業を中心とした中堅・中小企業の支援を図ることを目的としております。
また、本ファンドは投資対象の中心を医工連携事業とした投資ファンドとして、地域金融機関が中心となって設立した全国初の取組みであり、さらに平成26年5月公布の株式会社地域経済活性化支援機構法の改正による同機構の特定組合出資業務(ファンド出資業務)を活用した全国初のファンドとなっております。
当行は今後も、「お客さまへ価値ある提案をしていく、地域のリーディングバンク」をめざし、本ファンドを通じ「産学官金(金融)連携」による地域活性化に貢献してまいります。

  • 医工連携
    医療・介護現場のニーズと、ものづくり企業のシーズ(技術力・開発力)のマッチング機会を創出することなどにより、地域活性化に貢献する活動

ファンド概要

名称 ぐんま医工連携活性化投資事業有限責任組合
ファンド規模 6億円
組合員構成 群馬銀行、(株)地域経済活性化支援機構、ぐんぎんリース(株)、REVICキャピタル(株)
投資対象企業 群馬県を中心とする地域において、医療産業の振興に資するものづくり企業を中心とした中堅・中小企業
設立日 平成26年11月17日
存続期間 平成34年3月31日まで
業務運営者 ぐんぎんリース(株)、REVICキャピタル(株)
  • 本ファンドは、当行が中心となって出資を行い設立いたしましたが、地域活性化ファンドとして他の地域金融機関からの出資も受け入れてまいります。

組合員概要

名称 株式会社地域経済活性化支援機構
所在地 東京都千代田区大手町1-6-1大手町ビル9階
備考 旧(株)企業再生支援機構、官民共同出資
名称 REVICキャピタル株式会社
所在地 東京都千代田区大手町1-6-1大手町ビル9階
備考 (株)地域経済活性化支援機構の100%出資子会社
名称 ぐんぎんリース株式会社
所在地 群馬県前橋市元総社町171-1
備考 群馬銀行グループ

以上

ファンドスキーム図

ファンドスキーム図
  • 出資し、キャピタルゲイン等の収益を狙う組合員。
  • 出資に加え、組合の運営主体となり投資先決定や組合財産管理等の業務執行を行う組合員。