「個人ローン契約書作成サポートシステム」の導入について

平成26年11月27日

群馬銀行(頭取 齋藤 一雄)は、個人ローンの契約書類へお客さまが記入する負担の軽減および営業店における書類を事前に準備する事務負担の軽減を図るため、平成26年11月19日(水)より、下記のとおり「個人ローン契約書作成サポートシステム」(以下、「本システム」)を導入いたしましたので、お知らせいたします。

本システムの概要

  1. 個人ローンの審査や実行のために他のシステムに登録したデータをもとに、契約書の規定やお客さまごとの約定内容を、白紙に印刷して契約書類を作成するシステムです。
  2. 本システムでは契約書類を作成する対象商品は、住宅ローンと無担保証書貸付ローンです(ただし、一部の案件は作成対象外となります)。

導入の効果

お客さまの契約書類への記入負担軽減
契約書類をシステムで作成することにより、お客さまの記入箇所を最小限にし、記入負担の軽減を図ります。
営業店における事務負担の軽減
お客さまに記入していただく書類の事前準備およびお客さまに記入していただいた内容の確認にかかる事務負担が軽減できる見通しであり、軽減された時間を有効活用し、お客さまへのサービスの質の向上に努めてまいります。

以上