印鑑票の紛失について

平成27年3月23日

群馬銀行(頭取 齋藤一雄)は、業務改革の一環として「お客さま情報の管理強化」を図るため、これまで営業店で保管していた印鑑票の本部集中保管を進めてまいりました。この過程で、お客さま情報が記載された印鑑票が一部紛失していることが判明いたしました。
情報管理の重要性につきましては、かねてより行内で徹底を図ってまいりましたが、このような事態が発生したことを深くお詫び申しあげますとともに、その内容を下記のとおりご報告いたします。

紛失した書類

書類名
印鑑票(預金口座開設等の際、お届け印を登録するための書類)
該当店舗数
134か店
印鑑票枚数
2,384枚
なお、この他に、調査が可能な昭和60年から平成26年までの間に睡眠口座として別保管していた印鑑票も同様に調査した結果、6,546枚の紛失が判明いたしました。
  • 睡眠口座とは、一定期間(10年間または5年間で、預金種類や睡眠口座へ移行処理した時期により異なります。)入出金等のお取引がなく、通常の口座とは別に整理し、管理している口座をいいます。
  • なお、今回調査の対象とした全口座数は5,874千口座です。
印鑑票に記載されたお客さまの情報
氏名、住所、生年月日、電話番号、口座番号、印影等
(キャッシュカードの暗証番号は記載されておりません)

紛失が判明した経緯および二次被害等の懸念について

  1. 当行では、お客さま情報管理の強化のため、印鑑票の本部集中保管を行いました。その移行作業の過程で、印鑑票の保管状況を調査しましたところ、このたびの紛失が判明したものです。
  2. 内部調査の結果、営業店で保管していた期間中に印鑑票を誤って廃棄処分(シュレッダーによる破砕、溶解または焼却処理)した可能性が高く、外部へ情報流出した可能性は極めて低いものと考えております。なお、現在までにお客さまの情報が不正に利用されたとの連絡はなく、不正に利用された事実も確認されておりません。

対象のお客さまへのご案内

2,384口座のお客さまには、従来どおり、お客さまの本人確認をさせていただいたうえで、ご預金のお支払い等の手続きをさせていただきますが、別途、印鑑票の再作成をお願いする書面を発送させていただきます。
なお、睡眠口座をお持ちのお客さまに対しては、印鑑票の再作成はお願いいたしませんが、印鑑票紛失の有無にかかわらず、従来どおり、お客さまの本人確認をさせていただいたうえで、ご預金のお支払いの手続きをさせていただきます。
お客さまにはご迷惑をおかけいたしますことを心よりお詫び申しあげます。

お問合わせ窓口

本件に関する「お客さま専用お問合わせ窓口」は以下のとおりです。
ご不明な点やご不安などがございましたら当行本支店または下記窓口へご相談いただきますようお願い申しあげます。

【お客さま専用お問合わせ窓口】
フリーダイヤル:0120-788-511
<フリーダイヤルの受付期間等>
平成27年3月23日(月)~平成27年4月10日(金)
受付時間:9:00から17:00まで(土・日・祝日を除く)

再発防止策等

これまで営業店において保管していた印鑑票の本部集中保管の手続きは完了いたしました。今後新たにお届けいただく印鑑票につきましては、即時に営業店から本部へ送付して集中保管する事務フローに変更し、印鑑票の紛失や誤廃棄が発生しない体制を構築しております。
また、当行では、今回の事態を真摯に受け止め、情報管理に関する厳格な取扱いを全行員に再度徹底し、お客さまに良質な金融サービスをご提供できるよう、努めてまいります。

以上