マイナンバー管理システムを滋賀銀行と共同開発
─ システムと業務運営面でのノウハウを結集 ─

平成27年8月7日

群馬銀行(頭取 齋藤一雄) と滋賀銀行(頭取 大道良夫/本店:滋賀県大津市)は、平成27年8月3日(月)、富士通株式会社(本社・東京都、社長・田中達也)を開発ベンダーとした「マイナンバー管理システム」の共同開発に着手いたしました。
平成28年1月の社会保障・税に関わる番号制度(通称:マイナンバー制度)施行に向け、両行における業務面・システム面でのノウハウを結集して、お客さまに安心いただけるセキュリティの高いシステムを低コストで構築いたします。
今後の様々な制度改正への対応についても、コストを抑制したより良いシステムの構築に向けて両行での共同開発を検討してまいります。

マイナンバー管理システムの特長

  1. 「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン」に準拠したセキュリティ機能として、目的外のアクセス制限、マイナンバーへのアクセスログ取得による証跡管理、データベースの暗号化等、お客さまより提供いただく情報への安全管理対策に万全を期しております。
  2. マイナンバー管理システムの機能として、収集したマイナンバーの登録、情報照会・更新、廃棄の基本機能に加え、法定調書データへのマイナンバー付与機能等を標準装備することで、既存システムに極力手を加えずに、金融機関業務に必要な機能を実現できます。
  3. 現時点でのマイナンバー制度に必要な機能に絞ったコンパクトな構成とすることで導入コストの低減を図っております。今後の制度変更にも対応できるように、柔軟性と拡張性を十分に考慮した開発を行います。

今後の展開

開発ベンダーである富士通株式会社は、本システムの他金融機関への販売を予定しており、本システム採用行の増加により、今後の制度改正に伴うシステム変更コストの低減が期待できます。

以上