投資信託新商品の取扱開始について

平成28年1月29日

群馬銀行(頭取 齋藤 一雄)は、平成28年2月1日(月)から「ニッセイJPX日経400アクティブファンド」を取扱いいたします。
当ファンドは、経営効率に優れ、投資家にとって魅力度の高い企業で構成された株価指数「JPX日経インデックス400(配当込み)」【注1】をベンチマーク【注2】とし、中長期的観点から、同指数を上回る投資成果の獲得をめざすファンドです。JPX日経インデックス400の構成銘柄に加え、将来的に同指数に採用が見込まれる銘柄も投資対象とする点が当ファンドの特徴となっています。
当行では、今後ともより一層お客さまにご満足いただける商品・サービスの充実に努めてまいります。

商品名

ニッセイJPX日経400アクティブファンド

商品分類

追加型投信/国内/株式

委託会社

ニッセイアセットマネジメント

申込単位

1万円以上1円単位

  • 積立投信の場合は、5千円以上1千円単位となります。

取扱開始日

平成28年2月1日(月)

信託期間

平成31年1月25日まで(設定日 平成26年2月20日)

特徴

  • 中長期的観点から「JPX日経インデックス400(配当込み)」を上回る投資成果の獲得をめざして運用を行います。
  • 「JPX日経インデックス400」構成銘柄に限定することなく、同指数に採用が見込まれる銘柄も投資対象とします。
  • 「JPX日経インデックス400」はROE(自己資本利益率)【注3】および利益の水準に着目し構成銘柄を選定しますが、当ファンドは徹底した調査を通じて、ROEや利益の水準だけでなく、その変化や背景を分析し投資銘柄を厳選します。

  • 「JPX日経インデックス400」とは、資本の効率的活用や投資者を意識した経営観点など、グローバルな投資基準に求められる諸要件を満たした「投資家にとって投資魅力の高い会社」で構成される新しい株価指数です。構成銘柄数は、原則として400銘柄で、平成26年1月より算出が開始されています。
  • ベンチマークとは、ファンドの運用目標となる基準、あるいは運用成果を測定し、評価するための基準のことです。
  • ROE(自己資本利益率)とは、当期利益を自己資本(株主資本)で割って算出し、株主が投下した資本に対する企業の収益性を見る指標として利用されています。この指標が高いほど収益性が高いとされ、高水準のROEを安定的に確保できる企業は、株主価値の増加の観点から投資魅力度が高いと判断されます。

  • 「JPX日経インデックス400」は、株式会社日本取引所グループおよび株式会社東京証券取引所(以下総称して「JPXグループ」といいます)ならびに株式会社日本経済新聞社(以下「日経」といいます)によって独自に開発された手法によって算出される著作物であり、「JPXグループ」および「日経」は、「JPX日経インデックス400」自体および「JPX日経インデックス400」を算定する手法に対して、著作権その他一切の知的財産権を有しています。本商品は、ニッセイアセットマネジメントの責任のもとで運用されるものであり、「JPXグループ」および「日経」は、その運用および本商品の取引に関して、一切の責任を負いません。「JPXグループ」および「日経」は、「JPX日経インデックス400」を継続的に公表する義務を負うものではなく、公表の誤謬、遅延または中断に関して、責任を負いません

  • 投資信託お申込みにあたりご留意いただく事項およびファンドにおける手数料等についてはこちら(101KB)をご覧ください。
商号等
株式会社 群馬銀行
登録金融機関 関東財務局長(登金)第46号
加入協会
日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会

以上

Get ADOBE READER
Adobe、Adobe ロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。