保険商品の取扱開始について

平成28年1月29日

群馬銀行(頭取 齋藤 一雄)は、平成28年2月1日(月)から変額終身保険「プレミアジャンプ・終身(円建)」「プレミアジャンプ・終身(外貨建)」、がん保険「がん診断保険 R」の取扱いを全店(生命保険取扱店132か店)で開始いたします。
「プレミアジャンプ・終身(円建)、プレミアジャンプ・終身(外貨建)」は、変額終身保険で、一時払保険料を定額部分と変額部分の2つに分けて運用し、定額部分で一時払保険料相当額以上の積立金額を指定通貨建で最低保証し、変額部分で更なる運用成果の上乗せをめざします。
「がん診断保険 R」は、「がん」に罹患せず「診断給付金」の受取りがなかった場合、70歳時にそれまでに支払われた保険料を健康還付給付金として受取ることができるがん保険です。
当行では幅広い世代の多様なニーズに積極的にお応えしていくために、引続き商品ラインナップの充実を図ってまいります。

取扱商品

商品名 種類 保険会社
プレミアジャンプ・終身(円建) 変額終身保険 第一フロンティア生命
プレミアジャンプ・終身(外貨建)
がん診断保険 R がん保険 東京海上日動あんしん生命

取扱開始日

平成28年2月1日(月)

取扱店

生命保険取扱店全店

変額保険「プレミアジャンプ・終身(円建)」の主な特徴

  1. 第1保険期間で一時払保険料を定額部分と変額部分の2つに分けて運用し、第2保険期間(終身)に移行することで、一生涯にわたる保障を確保するしくみの保険料一時払方式の変額終身保険です。
  2. 第1保険期間満了時の積立金額は、定額部分で一時払保険料の100%を最低保証し、変額部分で更なる運用成果の上乗せをめざします。
  3. 積立金額がご契約時に指定した目標値に到達した場合には、自動的に定額の終身保険に移行します。

変額保険「プレミアジャンプ・終身(外貨建)」の主な特徴

  1. 第1保険期間で一時払保険料を定額部分と変額部分の2つに分けて運用し、第2保険期間(終身)に移行することで、一生涯にわたる保障を確保するしくみの保険料一時払方式の外貨建の変額終身保険です。
  2. 第1保険期間満了時の積立金額は、定額部分で一時払保険料に保証率(100%・110%・120%)乗じた金額を指定通貨建で最低保証し、変額部分で更なる運用成果の上乗せをめざします。
  3. 積立金額がご契約時に指定した目標値に到達した場合には、自動的に定額の円建終身保険に移行します。

がん保険「がん診断保険 R」の主な特徴

  1. 「がん」に罹患せず「診断給付金」の受取りがなかった場合、70歳までに払い込んだ主契約の保険料全額が「健康還付給付金」として契約者へ戻るがん保険です。
  2. 70歳までに「診断給付金」の受取りがあった場合でも、払い込んだ主契約の保険料が受取った「診断給付金」の金額を上回るときは、その差額が契約者へ戻ります。
  3. 70歳で「健康還付給付金」を受取ったあとも、保険料は加入時のままで変わらずに、保障は一生涯継続します。
  4. 「入院」や「手術」をメインとする他の保険に上乗せして「がん治療」のための保障を確保することができます。

ご契約の際の留意事項

  • 保険商品は、預金商品ではなく、元本の保証はありません。
  • ご検討にあたっては、保険会社作成の「商品パンフレット」「契約概要/注意喚起情報」「ご契約のしおり・約款」をご覧ください。
  • 商品種類・運用状況・経過年数などによって、積立金額・解約返戻金額等は払込保険料を下回ることがあり、損失が生じるリスクがあります。これらのリスクはお客さまご自身が負担することになります。
  • 各商品に係る費用には、保険契約関係費、資産運用関係費、解約控除等があります。これらの諸費用や料率は商品ごとに異なりますので、諸費用等の詳細については各商品の「パンフレット」、「契約締結前交付書面(契約概要、注意喚起情報)」、「ご契約のしおり 定款・約款」等でご確認ください。なお、これらの諸費用等は、商品ごと、契約の内容等により異なりますので、その上限額や計算方法等を示すことはできません。
  • 「がん診断保険 R」は保険募集に関わる制限が下記のとおりございますので、お申込み時に確認させていただきます。
    • 保険契約者・被保険者になる方が下記1.または2.のいずれかに該当する場合には、原則として、お取扱いいたしません。
      1. 当行の事業性資金の融資先である法人・その代表者および個人事業主の方
      2. 当行の事業性資金の融資先(常時使用する従業員数が20名以下)に勤務されている役員・従業員の方
    • 当行の事業性資金の融資先(常時使用する従業員数が21名以上)に勤務されている役員・従業員の方を保険契約者とする保険募集を行う場合には、保険金その他の給付金(以下「保険金等」)について以下の金額を限度としてお取扱いさせていただきます。詳しくは当行の窓口までお問合わせください。
      1. 生存または死亡に関する保険金等
         保険契約者1人あたりの通算で1000万円
      2. 疾病診断、要介護、入院、手術に関する保険金等
         保険契約者1人あたりの通算で以下の各項目毎に定める金額
         診断等給付金(一時金) ・・・ 1保険事故につき100万円
         診断等給付金(年金) ・・・ 月額換算5万円
         疾病入院給付金 ・・・ 日額5千円(特定の疾病に係る入院給付金は日額1万円)
         疾病手術給付金 ・・・ 1手術につき20万円(特定の疾病に係る手術給付金は40万円)
  • 当行は保険契約締結の媒介を行う者であり、保険契約締結の代理権はありません。したがって、保険契約は、お客さまからのお申込みに対して保険会社が承諾したときに有効に成立します。保険の引受は保険会社が行い、ご契約はお客さまと引受保険会社との間でのご締結となります。保険商品をご契約いただくか否かが、当行での他のお取引に影響を及ぼすことはありません。
  • 保険商品のお申込みに際しては、必ず保険募集資格を持つ募集人にご相談ください。

以上