新しいデジタルサイネージの導入について

平成28年1月29日

群馬銀行(頭取 齋藤 一雄)は、平成28年2月1日(月)より、全営業店に新たな「デジタルサイネージ(電子看板)」を導入いたします。「デジタルサイネージ」は、大型ディスプレイ画面に金利や商品内容・キャンペーンのお知らせ等の映像や字幕スーパー等を放映する装置で、お客さまに有益な情報をわかりやすくご案内することが可能となります。横型と縦型の2形態で展開し、横型は全営業店、縦型は10か店に導入いたします。
これからも、デジタルサイネージで様々な情報を発信し、「お客さまへ価値ある提案をしていく、地域のリーディングバンク」をめざしてまいります。

導入時期

2月1日から順次導入し、3月末までに全営業店に設置予定
(本店営業部・高崎田町支店・藤岡支店の3店舗にて試験的に放映中)

対象店

  1. 横型サイネージ ・・・ ローンステーションを除く全営業店(146か店)
  2. 縦型サイネージ ・・・ 県内の大型店を中心とした10か店

コンテンツ

  1. 金利情報、商品案内、キャンペーン広告
  2. 写真ニュース、天気予報、クイズ等

以上