「海外プライベート・エクイティ・ファンド」共同投資プログラムへの参加について

平成28年2月8日

群馬銀行(頭取 齋藤 一雄)は、日本政策投資銀行(代表取締役社長 柳 正憲)およびDBJアセットマネジメント(代表取締役社長 髙橋優)とともに、海外のプライベート・エクイティ・ファンド(以下、海外PEファンド)を対象に共同投資を行うこととしましたので、お知らせいたします。
PEファンドとは、未公開企業の株式に投資を行い、その企業の成長や再生支援を通じて、企業価値を高めた後にIPO(株式公開)や他社への売却等により投資回収を図り収益を実現するものです。
海外におけるPEファンド投資は当行初の試みとなりますが、平成14年から同投資業務を行っている日本政策投資銀行グループと共同投資を行い、リスクの低減を図りながら、海外における収益機会を積極的に取り込んでまいります。また、海外PEファンドの投資先企業とお取引先企業との事業提携をはじめ、お取引先企業の販路拡大および海外進出支援などソリューションの提供をめざします。
当行は今後も「お客さまへ価値ある提案をしていく地域のリーディングバンク」として、お取引先企業との創造的な関係を深めるとともに、地域の活性化に貢献してまいります。

今回の取組内容

以上