富山銀行との地域連携事業
「ひみ寒ぶり」の伊香保温泉の旅館での紹介について

平成28年2月29日

群馬銀行(頭取 齋藤 一雄)は、このたび、富山銀行(頭取 齊藤 栄吉)と下記のとおり地域連携事業を実施しましたのでお知らせいたします。
本事業は、北陸新幹線の開通により、群馬県、富山県の地域経済の活性化が期待されていくなか、2行が連携して取組むことで、経済圏域の拡大を後押しし、地域振興や地域経済の更なる活性化につなげていくことを目的としております。
今回は、群馬県を代表する温泉地のひとつである伊香保温泉の旅館で富山県のブランド魚「ひみ寒ぶり」(※)を提供することで、伊香保温泉をPRするとともに、群馬県内外の観光客にも富山の魚の良さを知ってもらい、次は富山県へ旅行に行きたいと感じるきっかけ作りとして連携したものです。
当行は今後もお客さまへ「価値ある提案」をしていく、地域のリーディングバンクをめざし、地域の皆さまへの支援強化に努めてまいります。

内容

実施時期
平成28年1月から平成28年2月
提供旅館
伊香保温泉の4旅館
寒ぶり提供事業者
氷見市および射水市の4事業者

  • 「ひみ寒ぶり」とは氷見魚ブランド対策協議会が判定した期間に富山湾の定置網で捕獲され、氷見漁港で競られた6kg以上のぶり。

以上