人事制度の改定について

平成28年5月31日

群馬銀行(頭取 齋藤 一雄)は、平成28年6月1日付で人事制度を改定しますので、お知らせいたします。本改定は平成28年4月からスタートした新中期経営計画「VT-プラン」の主要施策の一つであり、約17年ぶりの全面改定となります。
今回の新しい制度は、一人ひとりが主体性を持って前向きに働く、活力ある組織風土を醸成していくため、「すべての行員が上位職位にチャレンジできる制度の実現」「役割を重視したより適正な処遇の実現」に重点を置きつつ、本年4月に施行された女性活躍推進法の趣旨にも則した内容となっております。
制度改定によって行員の活躍領域を広げることで従業員満足度を高めるとともに、お客さまとの接点を増やしていきながら「地域とお客さまの明日をサポートし、ともに成長する地域金融グループ」をめざしてまいります。

新人事制度の主な改定点

  1. すべての行員が上位職位にチャレンジできる制度の実現
    • コースごとの業務範囲や上位職位の制限をなくし、主に定型的な業務を行っていた一般職を勤務地限定の有無のみを違いとする総合職・エリア総合職に統合します。
  2. 役割を重視したより適正な処遇の実現
    • 担当する業務の役割やその内容などを処遇に反映する「役割給」を新設します。

新人事制度のポイント

  1. 従業員一人ひとりの活躍支援
    • 期待される役割に応じた処遇体系とすることで、行員一人ひとりが自らの役割を明確に認識しつつ、より大きなやりがいをもって働ける体制としていきます。
  2. お客さまとの接点の強化
    • 業務範囲の制限をなくすことで、すべての行員が、店舗内での勤務だけでなく、外訪活動などを通じてお客さまとコミュニケーションを図ることができるようになります。こうしてお客さまの幅広いニーズに向き合い、真に役立つ金融ソリューションの提供に努めてまいります。
  3. 女性の活躍支援
    • 女性が大多数を占める一般職が、部店長などの管理職ポストに就けるようになります。女性活躍推進法の施行等も踏まえ、女性管理職比率の向上など、目に見えるかたちで女性活躍を進めてまいります。
    • 結婚・出産などのライフイベントを迎えた場合でも、コース転換することなく、安心して継続勤務できる態勢とし、個々人の考えに合わせたキャリアアップを支援してまいります。

実施時期

平成28年6月1日

【ご参考】

  1. 新人事制度移行に伴う研修等の充実化
    • 今般統合となる一般職は店舗内での業務が中心でしたが、今後は渉外や融資業務に活躍領域が広がるため、お客さまの幅広いニーズに対応すべく業務別の研修をより強化し、育成に努めてまいります。
    • 研修等を充実化させることで、スムーズに新たな業務に取組めるよう支援していくほか、あわせてキャリアアップのための体系的な人材育成策を導入し、女性管理職育成プログラムなどにより、さらなる女性活躍の促進を図ってまいります。
  2. 働き方改革の促進
    • 平成27年10月より、それぞれが自分の仕事のやり方を工夫し、午後7時までに業務を終えて帰宅する「スマ早運動」を全店で実施しています。
    • 長時間労働を前提としない働き方を定着させることで、ワークライフバランスの実現や行員の働きがいの向上につなげていくほか、仕事と育児をうまく両立でき、女性がさらに活躍できる環境を整えてまいります。

人事制度の改定のポイントについてはこちら(153KB)

以上

Get ADOBE READER
Adobe、Adobe ロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。