個人向けインターネットバンキングにおける
「ハードウェアトークン」によるワンタイムパスワードの導入について

平成28年6月20日

群馬銀行(頭取  齋藤 一雄)は、平成28年8月より個人向けインターネットバンキングにおけるセキュリティ強化策として、キーホルダー型のパスワード生成機「ハードウェアトークン」によるワンタイムパスワードを導入しますのでお知らせいたします。
今回の導入により、これまでスマートフォン向けアプリ画面にワンタイムパスワードを表示する「ソフトウェアトークン」をご利用いただけなかったお客さまにつきましても、今後、ワンタイムパスワードをご利用いただけるようになります。
当行では、今後もお客さまの大切なご預金をお守りするため、セキュリティの強化に努めてまいります。

ワンタイムパスワードの概要

  • ワンタイムパスワードとは、一度限り使用可能な「使い捨てパスワード」です。
    60秒ごとに更新されるため、もしワンタイムパスワードを詐取されたとしても再利用できないことから、第三者による不正なログインを防止する効果が期待できます。
  • スマートフォン向けアプリを利用した「ソフトウェアトークン」と、今回導入するキーホルダー型の「ハードウェアトークン」は併用できません。

「ハードウェアトークン」の申込受付開始日

平成28年6月20日(月)

「ハードウェアトークン」によるワンタイムパスワード利用開始時期

平成28年8月上旬より「ハードウェアトークン」を申込まれたお客さまのご自宅宛てに順次送付しますので、お手元に到着次第、ワンタイムパスワードをご利用いただけます。

利用手数料

無料。ただし、紛失・盗難等による再発行時は、1,080円(税込)が必要です。

以上