「バンコク駐在員事務所」の開設について

平成28年6月28日

群馬銀行(頭取 齋藤 一雄)は、平成28年8月にタイ王国バンコク市に駐在員事務所を開設いたします。同駐在員事務所は、ニューヨーク支店、群馬ファイナンス・ホンコン・リミテッド、上海駐在員事務所に次ぐ、当行4番目の海外拠点となります。

東南アジアには現在300社を超えるお取引先が進出されており、中でもタイは日本企業による産業集積が最も進んでいることで、昨年発足したASEAN経済共同体(AEC)の地理・経済の中心として、今後更なる発展が見込まれています。
当行はこれまで、タイ・カシコン銀行との連携によりお取引先のタイビジネスをサポートしてまいりましたが、バンコク駐在員事務所の開設により、今後はより幅広く、お取引先の東南アジアビジネスをサポートする体制を拡充してまいります。
当行は「地域とお客さまの明日をサポートし、ともに成長する地域金融グループ」をめざし、地域の皆さまの期待に応えるよう努めてまいります。

バンコク駐在員事務所の概要

名称
株式会社群馬銀行 バンコク駐在員事務所
(英語名:The Gunma Bank, Ltd. Bangkok Representative Office)
所在地
689 Bhiraj Tower at EmQuatier, 16th Floor Unit 1612,
Sukhumvit Road, Klongton-nue, Wattana, Bangkok 10110
Thailand
開所日
平成28年8月5日(金)
人員
2名(うち派遣行員1名)

バンコク駐在員事務所の主な業務内容

タイならびに東南アジア各国における以下の業務

  1. お取引先の現地進出や貿易取引のサポート
  2. 現地に進出しているお取引先のサポート
  3. 現地の金融・貿易関連の情報発信
  4. 現地における業務提携先との関係強化

以上