リース媒介業務の開始について

平成28年10月27日

群馬銀行(頭取 齋藤 一雄)は、平成28年11月1日(火)より、連結子会社であるぐんぎんリース株式会社(取締役社長 室田 雅之)が取扱うリース商品の媒介業務を下記のとおり開始しますので、お知らせいたします。
今回のリース媒介業務の開始により、当行は従来行ってきたぐんぎんリース株式会社の紹介に加え、銀行融資とリース商品を一体的に提案できるようになります。
当行は、「2016年中期経営計画~価値ある提案を明日に向けて~(VT-プラン)」において「グループ総合力の発揮」を掲げております。今後もグループを挙げて、お客さまのご要望にお応えできるよう、より一層のサービス向上に努めてまいります。

リース媒介業務開始の趣旨

リースの活用は、お客さまにとって資金調達手段が広がるほか、対象動産の管理業務を合理化できるなど、銀行融資と異なるメリットがあり、お客さまの多様化するニーズにお応えするものです。

リース媒介業務の内容

当行は、お客さまにぐんぎんリース株式会社のリース商品を提案する「媒介」業務を行い、ぐんぎんリース株式会社が審査、リース契約の締結等を行います。

(参考)ぐんぎんリース株式会社の概要

名称 ぐんぎんリース株式会社
所在地 前橋市元総社町171-1
代表者の役職・氏名 取締役社長 室田 雅之
業務内容 一般リース業務、自動車リース、割賦売買契約
資本金 180百万円
設立年月日 昭和48年10月1日

以上