70歳以上のお客さまによるキャッシュカードでのATMお振込み限度額の引下げについて

平成29年1月10日

群馬銀行(頭取 齋藤 一雄)は、平成29年3月15日(水)より、一部のお客さまがキャッシュカードによりATMでお振込みする際の限度額の引下げを実施することといたしましたのでお知らせいたします。
全国的に多発している金融犯罪への対策として、当行ではこれまでATM画面での注意喚起や、窓口での現金のお引出しやお振込みの際のお使い道の確認など被害防止の活動を行ってまいりました。また、足元ではボイスポリス(音声発生装置付警官型パネル)を始めとする種々の看板の設置や、ポスターの掲示等を行ってまいりました。
これらの施策により、窓口におきましてはその被害の多くを防止できております。しかしながら、昨今の金融犯罪の中ではATMの操作に不慣れな高齢者の方を言葉巧みに誘導してATMで預金を振込ませる「還付金詐欺」が急増しています。さらに、その多くは銀行の店舗外で発生しているのが現状です。
こうした状況下、当行では群馬県警察からの要請もあり、一部のお客さまについて、下記のとおり、ATMでのキャッシュカードによる振込みの限度額を一律に引下げさせていただくことといたしました。対象となるお客さまにはご不便をおかけすることとなりますが、ご理解のほどをよろしくお願い申しあげます。
当行では今後ともお客さまの大事な資産を守るため、金融犯罪の被害防止に積極的に取組んでまいります。

対象となるお客さま

以下の1.2.の条件を両方とも満たすお客さまを対象とさせていただきます。

  1. 70歳以上の方
  2. 過去3年間、ATMで当行キャッシュカードを使用したお振込みをされていない方

利用制限の内容

対象となるお客さまの、1日あたりのキャッシュカードによるATMでの振込限度額を20万円に引下げさせていただきます。

引下げ実施日

平成29年3月15日(水)

以上