スマートフォンを活用したマイナンバー受付の開始について

平成29年2月24日

群馬銀行(頭取 齋藤 一雄)は、平成29年3月23日(木)、富士通株式会社(本社・東京都、社長:田中達也氏)を委託先として、投資信託・公共債口座をお持ちのお客さまからのマイナンバーの受付を開始いたします。
平成28年1月のマイナンバー制度開始に伴い、投資信託・公共債口座をお持ちのお客さまは、平成30年12月末までにマイナンバーをお届けいただく必要があります。お客さまはご利用のスマートフォンやタブレットに富士通のアプリをインストールし、「マイナンバーカード」等を撮影・送信することで、より簡単に手続きを完了させることができます。
当行では、先進的なIT技術等を取入れ、常にお客さまの利便性を考えながら様々な制度改正へ対応してまいります。

マイナンバー受付の流れ

お客さまのもとへ富士通より「マイナンバー申告キット」が郵送されます。
お客さまは、次の2つからお届け方法を選択することができます。
  1. スマートフォンやタブレットによるお届け

    お客さまのスマートフォンやタブレットに専用アプリをインストールしていただき、「マイナンバーカード」等を撮影のうえ富士通に送信していただく方法です。

  2. 郵送によるお届け

    「マイナンバーカード」等の写しと告知書を富士通に郵送していただく方法です。

富士通では、お客さまから受領したマイナンバーをシステムに登録します。なお、同社は当行の「マイナンバー管理システム」を構築したシステムベンダーです。
当行では、法令を遵守し、厳格にお客さまのマイナンバーを管理してまいります。

NISA制度とマイナンバー

平成29年9月末までに当行にマイナンバーをお届けいただくことで、NISAは自動更新され、平成30年1月以降も引続きNISAをご利用いただけます。

以上