群馬銀行環境財団 平成29年度事業計画について

平成29年3月28日

公益財団法人群馬銀行環境財団(理事長 齋藤 一雄)は、平成7年11月設立以来、自然環境の保全と快適で潤いのある生活環境の創造を図るための啓発・助成に関する事業等を行っております。
この度、平成29年度事業計画を下記のとおり決定いたしました。この計画に基づき、自然と人間が共生できる環境を確保し、地域社会の発展に寄与する活動に積極的に取組んでまいります。

事業方針

群馬県内の豊かな自然環境の保全と快適な生活環境の創造・整備向上を図るための啓発事業ならびに助成事業を行う。

事業計画

  1. 環境保全の啓発事業
    1. 中学生を対象とした体験学習「環境探検隊」の実施
      • 年2回実施(9月)・・・栃木県日光市足尾町にて実施。
      • 募集人数 合計70名程度(中学校1、2年生)
      • 渡良瀬川の源流地点を訪ね、環境に関する体験学習や植樹を行う。
    2. 小学生を対象とした「エコ・キッズ・キャンプin赤城山」の実施
      • 年1回実施(8月)・・・前橋市赤城少年自然の家にて実施。
      • 募集人数 30名程度(小学校5、6年生)
      • 赤城山の自然観察やフロン回収実演などの環境学習を行う。
    3. 「環境月間」の広報
      • 懸垂幕を製作し、GBスポーツセンター(前橋市)に掲示する(6月)。
  2. 環境保全および調査・研究に対する助成事業
    1. 第10回「群馬銀行環境財団教育賞」の表彰と助成
      • 小・中学校、高等学校等の環境活動の表彰と助成(募集開始6月予定)
    2. 第21回「群馬銀行環境財団賞」の表彰と助成
      • 団体・個人の環境活動の表彰と助成(募集開始7月予定)
    3. 群馬県が実施する環境活動への協賛
      • 「環境にやさしい買い物スタイルの普及」に係る特製マイバッグ製作と配布
    4. 足尾緑化事業への支援
      • 春の「植樹デー」実施に係る苗木1,000本の贈呈(4月)

以上