自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード for 群馬銀行」のAPI連携拡充について

平成29年10月27日

群馬銀行(頭取 齋藤一雄)は、株式会社マネーフォワード(以下、「マネーフォワード社」)が提供する自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード for 群馬銀行』において、API連携を拡充いたしましたので、お知らせします。
マネーフォワード社と当行インターネットバンキング間のAPI連携(口座情報連携)は、平成28年6月のサービス開始以降、「普通預金」、「外貨預金」、「定期預金」、「積立定期預金」を連携してまいりましたが、今般、新たに「投資信託」が連携できるようになりました。これにより、投資信託についても、アプリを開くだけでファンドの評価金額等を確認することができます。
今後も、お客さまの利便性向上をめざし、機能的な金融サービスの提供に取組んでまいります。

「マネーフォワード for 群馬銀行」について

「マネーフォワード for 群馬銀行」は、マネーフォワード社が提供する自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」をベースに、当行のお客さま向けに便利な機能を拡充しマネーフォワード社が提供するサービスです(当行が提供するサービスではありません)。

投資信託のAPI連携開始日

平成29年10月23日(月)

当行インターネットバンキングで投資信託取引サービスをご利用されている場合、「マネーフォワード for 群馬銀行」に、銘柄や評価金額等のファンド情報が自動連携されます。

投信連携イメージ

API連携について

群馬銀行インターネットバンキングの口座情報は、より安全なAPI(※)を経由してマネーフォワード社と連携されています。インターネットバンキングのID・パスワードをマネーフォワード社に預けることなく、取引データを自動取得することが可能となり、更に高いセキュリティと正確なデータ取得を担保しながら、より利便性高く、サービスをご利用いただけます。

  • API(アプリケーションプログラミングインターフェース)とは、あるシステムで管理するデータや機能などを、外部のシステムから呼び出して利用するための手順やデータ形式などを定めた規約をいいます。
API連携

以上