ウィルス対策ソフト「nProtect:Netizen」の提供開始について

平成24年2月6日

一部金融機関において、預金者のパソコンがウィルス感染したことにより「ログインID・口座番号・暗証番号」等の重要情報を盗み取られてしまい、第三者により不正振込が行われたという事件が発生しています。
このような事件の対策のため、群馬銀行では、当行のインターネットバンキングなどのインターネットサービスをご利用中にウィルスの活動を監視し、検知・駆除・通信を遮断することが可能なウィルス対策ソフト「nProtect:Netizen(エヌプロテクト:ネチズン)」の提供を開始いたしました。
なお、利用料金は無料です。
群馬銀行は今後も安全なインターネットサービスの提供に努めてまいります。

「nProetct:Netizen」は、平成25年12月3日にバージョンアップしました。バージョンアップについてはこちら