ひふみプラス

リスクについて

  • 「ひふみプラス」は、ひふみ投信マザーファンドを通じて株式など値動きのある証券(外国の証券には為替リスクもあります。)に投資いたしますので、基準価額は、大きく変動します。したがって、投資元本が保証されているものではなく、これを割込むことがあります。これらの運用により生じる利益および損失は、すべてお客さま(受益者)に帰属します。
  • 投資信託は預貯金とは異なります。

主な投資リスク

株価変動リスク 「ひふみプラス」は、国内外の株式を組入れるため、株価変動の影響を大きく受けます。
一般に株式の価格は、個々の企業の活動や業績、国内および国外の経済・政治情勢などの影響を受け変動するため、株式の価格が下落した場合には基準価額は下落し、投資元本を割込むことがあります。
流動性リスク 有価証券等を売却あるいは取得しようとする際に、市場に十分な需要や供給がない場合や取引規制等により十分な流動性のもとでの取引が行えない、または取引が不可能となる場合が生じることを流動性リスクといいます。この流動性リスクの存在により、組入銘柄を期待する価格で売却できない可能性があり、この場合、不測の損失を被るリスクがあります。
信用リスク 有価証券等の発行者や有価証券の貸付け等における取引先等の経営・財務状況が悪化した場合またはそれが予想される場合もしくはこれらに関する外部評価の悪化があった場合等に、当該有価証券等の価格が下落することやその価値がなくなること、または利払いや償還金の支払いが滞る等の債務が不履行となることを信用リスクといいます。投資した企業等にこのような重大な危機が生じた場合には、大きな損失が生じるリスクがあります。
為替変動リスク
カントリーリスク
外貨建資産を組入れた場合、当該通貨と円との為替変動の影響を受け、損失を生ずることがあります。また、当該国・地域の政治・経済情勢や株式を発行している企業の業績、市場の需給等、さまざまな要因を反映して、「ひふみプラス」の基準価額が大きく変動するリスクがあります。
  • 投資リスク(基準価額の変動要因)は上記に限定されるものではありません。

その他留意点

  • 「ひふみプラス」のお取引において、金融商品取引法第37条の6に規定された「書面による契約の解除」(クーリング・オフ)の適用はありません。
  • 当ファンドはファミリーファンド方式で運用を行います。そのため、当ファンドが投資対象とするマザーファンドを投資対象とする他のファンド(ベビーファンド)において、追加設定・換金や資産構成の変更などにより、マザーファンドの組入有価証券などに売買が生じた場合には、当ファンドの基準価額に影響をおよぼすことがあります。

リスクの管理体制

  • 委託会社では、運用部門から独立した部署および委員会が、ファンドのパフォーマンス状況ならびに信託財産の運用リスクのモニタリングと管理を行います。そして、その結果は、運用部門その他関連部署へフィードバックされます。
  • また、コンプライアンス部門が法令などの遵守状況ならびに運用業務等の適正な執行の管理を行います。
*
上記体制は平成28年10月末時点のものであり、今後変更となる場合があります。
  • 分配金に関する留意事項はこちらでご確認ください。

お申込みの際は必ず「投資信託説明書(交付目論見書)」をご覧ください。