アジア好利回りリート・ファンド

アジア・オセアニアリート市場の特色

  • 経済成長や都市化の進展に伴い、アジア・オセアニアリートの時価総額は拡大しており、その合計額は日本を上回っています。
  • アジア・オセアニアのリート各社は自国の物件だけでなく、他のアジア・オセアニアの国・地域の物件にも投資を行っており、地域全体の成長を取り込んでいます。
アジア・オセアニアリートの市場規模、地域全体の成長を取り込むリート
  • 香港のリートはショッピングモール等の小売セクターの比率が高い一方、シンガポールやオーストラリアのリートは小売セクターのほか、倉庫等の物流施設(産業用施設セクター)やオフィスセクターといった多様な用途で構成されています。
各国・地域のリートのセクター別構成比率
  • グラフ・データは、参考情報として記載した過去の実績であり、当ファンドの将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。

アジア・オセアニアリート市場の動向

  • アジア・オセアニアのリート市場は、概ね堅調な推移となっています。
    今後も個人消費の拡大やオフィス需要の増加、国際物流拠点としての存在感の高まりが期待されており、リートの収益獲得機会はさらに広がっていくと考えられます。
  • アジア・オセアニアリートが上昇する中、高水準の配当成長を背景に、リートの配当利回りの低下は限定的となっています。
アジア・オセアニアリート市場の動向
  • シンガポール、香港、オーストラリアのリートの配当利回りは、主要国と比較して相対的に高くなっています。
    特にシンガポールは10年国債との利回り差も大きく、相対的に配当に対する魅力が高くなっています。
アジア・オセアニアリートの魅力的な利回り水準
  • グラフ・データは、参考情報として記載した過去の実績であり、当ファンドの将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。

アジア・オセアニア地域の財務健全性と為替動向について

  • アジア・オセアニアのリートにおいて、特に香港やシンガポールのリートの負債の比率は、他国と比べ相対的に低い水準にあります。
  • アジア各国・地域の為替政策については、自国通貨の安定を目的に、複数の外国通貨への連動を目指す通貨バスケット制や固定相場制の一種であるカレンシーボード制などの為替制度を採用するケースがあります。
各国・地域のリートの負債の比率 各国・地域の為替相場(対円)の推移

【ご参考】アジア・オセアニアの個別リートのご紹介

【ご参考】アジア・オセアニアの個別リートのご紹介
  • 上記は、代表的な銘柄を示したものであり、上記の銘柄への投資を推奨するものではありません。また、ファンドにおいて、上記の銘柄に必ずしも投資を行うものではありません。
  • グラフ・データは、参考情報として記載した過去の実績であり、当ファンドの将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。