• 将来が不安・・・でも何からはじめたらいいの?
    未来に向けてお金の知識を深めましょう!
STEP.01 必要性編

そもそもなぜ資産形成が必要なの?

まず知っておきたいのは「私たちは長生きでお金がたくさんかかる」ということ。

  • ライフイベントに
    かかるお金

  • 長生きの時代

  • 超低金利

  • お金の寿命

ライフイベントにかかるお金
人生の中でたくさんのお金がかかるイベントがいくつかありますが、その中でも「老後」については誰もが少なからず心配しているのではないでしょうか?
主なライフイベントにかかる費用を合計すると、なんと1億円にもなってしまうのですが、特に老後費用については、長生きをすればするほど負担が大きくなっていきます。
出典:【結婚】(株)リクルートマーケティングパートナーズ「ゼクシィ結婚トレンド調査2016」【車】総務省「小売物価統計調査(動向編)全国統一価格品目の価格(2018年2月)軽自動車+小型乗用車の価格【教育】文部科学省「平成26年度子供の学習費調査」、「平成26年度私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額(定員1人あたり)の調査結果について」、「文部科学省令」、日本政策金融公庫「教育費負担の実態調査結果」(平成28年度)、(独)日本学生支援機構「平成26年度学生生活調査結果」をもとに当行試算【住宅】住宅金融支援機構「2016年度フラット35利用者調査」をもとに当行試算【老後】老後生活費:総務省統計局「平成27年家計調査」、公的年金:厚生労働省平成29年度モデル年金月額(夫婦2人、夫は平均的賃金で厚生年金に40年加入、妻は国民年金に40年加入)をもとに当行試算
長生きの時代
「人生100年時代」という言葉を聞いたことはありませんか?
平均でみると、60歳の場合、男性の2人に1人は84歳まで、女性の2人に1人は90歳まで長生きをします。さらに、男性の5人に1人は91歳、女性の5人に1人は96歳まで長生きをします。
「人生100年時代」は決してオーバーな表現ではないのです。
一般的に老後は毎月の家計が赤字になる「資産取崩し」の時期ですが、長生きということは、この資産取崩しの期間がのびるため、以前よりたくさんの老後費用がかかるようになります。
だからこそ、早めに準備をはじめるとともに、お金が老後の途中で足りなくならないように、お金の寿命をのばすことが大切なのです。
寿命の出典:厚生労働省「簡易生命表」(平成28年)
超低金利
平成のはじめのころは定期預金の金利が約6%もあったので、手持ちのお金をただ銀行に預けておくだけで勝手に増えていきました。約12年あれば元のお金が倍に増えた時代です。
それが今では、限りなく0%に近い超低金利時代が長く続いています。
例えば0.01%という金利では、100万円を1年預けても利息はたったの100円、100万円を倍の200万円にするためには、なんと7200年もかかってしまいます。
超低金利の今、預金だけでお金を増やすのはなかなか難しいのです。
1年もの定期預金の金利推移(1991~2017)
出典:日本銀行 定期預金の預入期間別平均金利(新規受入分)1年以上2年未満 預入金額300万円未満
お金の寿命
ただ、もし手持ちの資産を高い利回りで置いておくことができれば、お金の寿命をのばすことができます。
例として、手持ちの資産を取崩していくケースでお金の寿命を比較してみましょう。
老後の生活費は、夫婦2人で毎月平均6万円、年間約70万円程度足りないと言われています。例えば1,600万円の元手を60歳から毎年取崩していく場合、年利0.01%で運用しながら取崩すと、82歳までの22年でゼロになってしまいます。
一方、年利3%で運用しながら取崩すと、なんと96歳までの36年にお金の寿命をのばすことができるのです。
預金1,600万円から、老後の不足資金約70万円(※)を毎年取り崩していった場合の残高推移(※)毎月の不足分6万円(老後生活費28万円ー公的年金22万円)×12か月(1年)=約70万円(夫婦2人・年額)
出典:【老後生活費】総務省統計局「平成27年家計調査」、【公的年金】厚生労働省平成29年度モデル年金月額(夫婦2人、夫は平均的賃金で厚生年金に40年加入、妻は国民年金に40年加入)
これからは、資産形成をする人としない人では大きな格差が生まれる時代と言えるかもしれません。ぜひ、今後は預金以外の方法でお金に働いてもらい、お金の寿命をのばしていくことを考えていきましょう!
STEP.02 ふやす編

どんなものでお金をふやせばいいの?

資産形成の必要性がわかったところで、次に、実際に「お金をためて、ふやす」ことを考えてみましょう!

  • 「積立」運用の効果

  • 税制メリットのある
    「3つの積立商品」

  • お金の色分け

「積立」運用の効果
預金だけでお金を増やすのが難しい今の時代は、「運用」という方法を選択肢に入れていく必要があります。
ただ、下記のアンケートにもあるように、「運用の必要性を感じていても足を踏み出せない」という人は多いです。
踏み出せない3大理由は「①まとまった資金がない」「②投資の知識がない」「③損をしそうで怖い」ですが、「積立」運用をすることで、この3つすべてを解決することができます!
積立運用は1,000円から始められ、毎月のお給料から長期的にコツコツと資産形成ができます。また、積立運用は毎月自動的に購入を続けていきます。買うタイミングを考える必要がないので、専門的な知識は必要ありません。
また、投資信託などの値動きのある商品で運用する場合には、積立を活用することで買うタイミングの分散につながり、リスクを抑える効果が期待できます。
積立運用の効果については、今後もさらに詳しく紹介していきます!
投資をしない理由
出典:金融庁「国民のNISAの利用状況等に関するアンケート調査」(2016年2月実施)
税制メリットのある「3つの積立商品」
運用をする場合には、株式、投資信託、FXからさらには仮想通貨まで、世の中にはさまざまな商品がありますが、「将来に向けてコツコツ積み立てる」場合、「税制面でメリットのある積立商品」を活用するのが基本的な考え方です。
代表的な、税制メリットのある積立方法は
・iDeCo(イデコ)(個人型確定拠出年金)
・個人年金保険
・つみたてNISA(ニーサ)
「3つの積立商品」です。この3つは、それぞれが異なる個性を持っていますので、組合わせて持つことがポイントです!
税制メリットのある「3つの積立商品」の特徴(抜粋)
(注1)個人年金保険料控除または一般保険料控除の対象になります。個人年金保険料控除の対象となるには、所定の要件を満たしたうえで、税制適格特約を付加することが必要です。
(注2)群馬銀行の場合。
(注3)「減額(一部解約)」により月々の保険料を抑えることができますが、多くの場合、減額部分に対する解約返戻金は払込保険料の合計額より少ない金額になります。
(注4)契約後短期間で解約した場合、解約返戻金は振込保険料の合計額を大きく下回ります。
お金の色分け
3つの積立商品の組合わせを考えるにあたって、まず最初に毎月貯めるお金を、使う時期によって3つに分ける「貯めるお金の色分け」を考えてみましょう。

分け方は「短期資金」「中期資金」「老後資金」の3つとなります。
「短期資金」(目安5年未満)はいつでも引き出して使える状態にしておく必要があるので、いくら金利が低いとはいえ、普通預金や定期預金などにしておくことが望ましい資金です。

「中期資金」(目安5年超)は将来の子供の学費や結婚資金など、中期的なイベントに向けて貯める資金です。使う時期までに時間があり、ある程度長く積み立てられるので運用を考えるべき資金です。目的のイベントが発生した時にスムーズに使えるのが大切なので、換金性の高さなどの面で使い勝手が良い「つみたてNISA」が適しているといえます。

「老後資金」は基本的には老後まで使わずに貯めておく資金なので、最低60歳までは解約できないかわりに税制メリットが大きい「iDeCo」が適しています。ただし、老後資金のすべてを「iDeCo」にしてしまうと予定外の出費が発生した場合に対応ができないため、途中で解約して使うこともできる「個人年金保険」を組合わせましょう。

このように、お金の性質に合った商品を組合わせていきましょう!
使う時期に応じた「貯めるお金の色分け」
STEP.03 そなえる編

保険って必要なの? どうやって選べばいいの?

資産形成の基礎知識、最後は「保険」です。

  • 4つのリスクに
    そなえる

  • くらべて選ぶ

4つのリスクにそなえる
お金をためる積立商品はもちろん資産形成に必要不可欠ですが、リスクにそなえる
保険もまた、資産形成を考える上でなくてはならないもの
です。
想像してみてください。ある日、突然「がん」などの重い病気になってしまったことを。
この場合、当然多くの治療費がかかりますし、仕事量をセーブしなければならなくなり、収入の減少に直面するかもしれません。
そうなると、せっかく将来のために貯めたお金を取り崩すことになってしまうかもしれません。
こういった事態を避けるために、「ためる」だけでなく、リスクに「そなえる」保険が必要です。
生きている限り人は様々なリスクに直面しますが、生命保険でそなえられる代表的なリスクは次の4つです。
代表的な「4つのリスク」
これらのリスクが発生したときに必要な金額を全て自分で用意するのは大変ですが、実は、この4つ全てに公的な制度による支え(社会保険制度)があります。
ただし、社会保険制度だけでは必要額を全てカバーすることはできません。
この、社会保険制度では足りない部分を穴埋めするのが生命保険の役割です!
社会保険制度と生命保険
くらべて選ぶ
実際に保険商品を選ぶ際のポイントは、いろいろな保険商品を「くらべて選ぶ」ことです。
家電を買う時のことをイメージしてみてください。多くの方が、家電量販店で、色々なメーカーの製品を見て、一番自分に合ったものを選ぶはずです。
また、冷蔵庫は○社、テレビは×社といったように、1つのメーカーで統一せずに、色々なメーカーの製品をお持ちの方が多いのではないでしょうか?
保険も同じで、さまざまな保険会社のさまざまな商品をくらべて選んで組合わせるやり方が合理的です。
家電も保険も「くらべて選ぶ」時代

しらべよう!
もっとお金のこと