福利厚生制度

働きがいのある銀行をつくるための福利厚生制度。

福利厚生施設

 本店のすぐ近くには、群馬銀行グリーンウイングスの活動拠点でもある総合体育館「GBスポーツセンター」があります。ここには、トレーニングルーム、フィットネススペース、ランニングコース、ラウンジなどが完備され、行員の健康増進に役立っています。
 また、草津、湘南に直営の保養施設を保有しているほか、会員制リゾートクラブの利用が可能で、休日や休暇取得時に行員とその家族が低料金で利用できます。
 そして、総合職行員が転居を伴う異動となった場合は、各拠点に単身寮や家族寮が用意されています。

福利厚生制度

 群馬銀行では、有給休暇をすべての行員が計画的に、また公平に取得できるよう、「制度休暇」が設けられています。
連続休暇/連続5営業日の休暇が取得できます(休暇を月~金曜とした場合9連休)
ポケット休暇/2営業日続けての休暇が取得できます(土日とつけた場合4連休)
記念日休暇/各自の記念日に各1日、計3回休暇が取得できます
リフレッシュ休暇/勤続10年、20年、30年といった節目に連続休暇とは別に5営業日連続の休暇が取得できます(連続休暇との組み合わせも可)
※この他、結婚休暇、配偶者出産休暇、忌引休暇、子の看護休暇などの制度があります。

 また、行員の子育てを支援する制度も非常に充実しています。
 産前産後の出産休暇はもちろん、子が2歳になるまで利用できる育児休業制度、復職後に利用できる子の看護休暇、所定外勤務免除、時間外勤務の制限など、多くの子育て中の行員が充実した制度を活用しています。
 産休・育休者に対しても、通達や事務取扱細則などが自宅閲覧できるシステムの整備や、「職場復帰支援セミナー」を定期的に開催するなど、一貫したフォロー体制を構築し、安心して職場復帰できるよう支援しています。

群馬銀行グリーンウイングス

 群馬銀行のバレーボールチーム「群馬銀行グリーンウイングス」は日本バレーボール機構に準加盟となり、2015/2016シーズンより「VチャレンジリーグⅡ女子」に参戦しています。

群馬銀行グリーンウイングス
紹介ページへ