個人インターネットバンキングにおける届出電話番号認証の導入について

2020年2月19日

《GBダイレクト》インターネットバンキングでは2020年3月2日(月)より、以下のとおり、お客さまの当行へのお届出電話番号にて本人認証を行うこととなりましたので、お知らせいたします。

概要

ワンタイムパスワード(ソフトウェアトークン)の利用申込や再発行申込の際、お客さまの当行へのお届出電話番号から当行指定の認証用ダイヤルに発信していただき、発信電話番号と、当行へのお届出電話番号が一致することで、ご本人であることを確認します。

ご注意

当行へのお届出電話番号が現在お使いの番号と異なるお客さまは、あらかじめお届出電話番号の変更手続きをお願いいたします。

【電話番号変更方法】

窓口でのご変更
お近くの群馬銀行本支店窓口にご来店のうえお手続き下さい。
郵送でのご変更
こちらより、住所変更書類をご請求いただけます。

対象となるお取引

  • ワンタイムパスワード(ソフトウェアトークン)の利用申込
  • ワンタイムパスワード(ソフトウェアトークン)の再発行
  • ハードウェアトークン・モバイルバンキングは対象外となります。

機能追加・規定変更日

2020年3月2日(月)

ご利用規定の改定

本件の機能追加に伴い、ご利用規定を改定いたします。主な内容は以下のとおりです。

《GBダイレクト》インターネットバンキング利用規定 変更内容

変更前 変更後
第28条【ワンタイムパスワード】
(1)ワンタイムパスワードの内容
②A
第28条【ワンタイムパスワード】
(1)ワンタイムパスワードの内容
②A
A. ソフトウェアトークン方式 A. ソフトウェアトークン方式
  スマートフォン、タブレット端末または携帯電話(以下、「スマートフォン等」といいます)のアプリ機能を利用する方式で、契約者はワンタイムパスワードを生成するアプリ機能(以下、「ワンタイムパスワードアプリ」)をスマートフォン等にダウンロードし、所定の方法によりワンタイムパスワードを表示させ使用します。なお、ワンタイムパスワードアプリをダウンロードできる端末は、当行が指定する機種のスマートフォン等に限ります。   スマートフォン、タブレット端末または携帯電話(以下、「スマートフォン等」といいます)にワンタイムパスワードを生成するアプリ機能(以下、「ワンタイムパスワードアプリ」)をダウンロードする方式で、契約者は所定の方法によりワンタイムパスワードを表示させ使用します。契約者が当行へ届出済の電話番号の電話機から当行所定の認証用ダイヤルへ発信することで、当行はトークン発行申込を受付けます。当行へ届出済の電話番号が、契約者の現在使用する電話番号と相違する場合、ソフトウェアトークンを発行できない場合があります。なお、ワンタイムパスワードアプリをダウンロードできる端末は、当行が指定する機種のスマートフォン等に限ります。
第28条【ワンタイムパスワード】
(2)利用開始手順
①ソフトウェアトークン方式 A
第28条【ワンタイムパスワード】
(2)利用開始手順
①ソフトウェアトークン方式 A
A. IBにログインした後、当行所定の方法により端末画面上でソフトウェアトークンの発行申込を行なってください。申込にはスマートフォン等とスマートフォン等のEメールアドレスが必要になります。 A. 事前にソフトウェアトークンをダウンロードするスマートフォン等とEメールアドレスを準備し、IBにログインした後、当行所定の方法により端末画面上でソフトウェアトークンの発行申込を行なってください。必要事項の入力後、当行へ届出済の電話番号の電話機から当行所定の認証用ダイヤルへ発信することで、当行はトークン発行申込を受付けます。
第28条【ワンタイムパスワード】
(3)利用解除方法
①ソフトウェアトークン方式
②ハードウェアトークン方式
第28条【ワンタイムパスワード】
(3)利用解除方法
①ソフトウェアトークン方式
②ハードウェアトークン方式
(3) 利用解除方法 (3) 利用解除方法
ソフトウェアトークン方式 ソフトウェアトークン方式
  IBにログインした後、当行所定の方法により端末画面上で利用解除手続きを行う、または利用申込書により当行本支店またはサポートデスクに利用解除を届出るものとします。   IBにログインした後、当行所定の方法により端末画面上で利用解除手続きを行う、または利用申込書により利用解除を届出るものとします。
ハードウェアトークン方式 ハードウェアトークン方式
  利用申込書により当行本支店またはサポートデスクに利用解除を届出るものとします。   利用申込書により利用解除を届出るものとします。
新設 第28条【ワンタイムパスワード】
(4)再発行方法
①ソフトウェアトークン方式
②ハードウェアトークン方式
新設 (4) トークンの再発行方法
ソフトウェアトークン方式
A. 事前にワンタイムパスワードの利用解除が完了している場合
  契約者は本条(1)②にもとづき新たなソフトウェアトークンの発行手続きを行うものとします。
B. 事前にワンタイムパスワードの利用解除をせずに新たなトークンを発行する場合
  契約者は当行ホームページのIBログイン画面からソフトウェアトークン再発行手続きを行うものとし、この場合、必要事項の入力後、当行へ届出済の電話番号の電話機から当行所定の認証用ダイヤルへ発信することで、当行はトークン発行申込を受付けます。
ハードウェアトークン方式
  ワンタイムパスワードの利用解除完了後、本条(2)②にもとづき新たなハードウェアトークンの発行手続きを行うものとします。
第28条【ワンタイムパスワード】
(5)利用停止等 ①、②
第28条【ワンタイムパスワード】
(6)利用停止等 ①、②
ログイン時にワンタイムパスワードを当行所定の回数連続して誤って入力した場合は、ワンタイムパスワードは利用停止され、インターネットバンキングの利用ができなくなります。利用停止を解除する場合は、契約者は利用申込書により当行本支店またはサポートデスクに届出るものとします。 ログイン時にワンタイムパスワードを当行所定の回数連続して誤って入力した場合は、ワンタイムパスワードは利用停止され、IBの利用ができなくなります。再度、IBの利用を希望する場合は、当行所定の方法により届出るものとします。
ソフトウェアトークンとハードウェアトークンの発行を合算した回数が当行所定の回数に達した場合、トークンの発行規制を行い、新しいトークンの発行ができなくなります。発行規制を超えて発行を希望する場合は、契約者は利用申込書により当行本支店またはサポートデスクに届出るものとします。 ソフトウェアトークンとハードウェアトークンの発行を合算した回数が当行所定の回数に達した場合、トークンの発行規制を行い、新しいトークンの発行ができなくなります。発行規制を超えて発行を希望する場合は、契約者は利用申込書により届出るものとします。
第28条【ワンタイムパスワード】
(5)利用停止等 ③、④
第28条【ワンタイムパスワード】
(6)利用停止等 ③、④
ソフトウェアトークン設定済みのスマートフォン等の機種変更を行う場合は、契約者はワンタイムパスワードの利用解除を行うものとします。新しいトークンの発行手続きを行なえるのは、利用解除完了後からとなります。 契約者がソフトウェアトークン設定済みのスマートフォン等の機種変更を行う場合は、機種変更前に本条(3)①にもとづきワンタイムパスワードの利用解除を届出後、新たなトークンの発行手続きを行う、または機種変更後に本条(4)①にもとづきワンタイムパスワードの再発行手続きを行うものとします。
ハードウェアトークンの紛失や事前の利用解除無しにスマートフォン等の機種変更を行なった等の理由で、ワンタイムパスワードを利用できなくなった場合は、契約者は利用申込書により当行本支店またはサポートデスクに届出るものとします。受付後、ワンタイムパスワードの利用解除までは、2銀行営業日ほどかかります。解除完了はEメールにてお知らせします。新しいトークンの発行手続きを行なえるのは、利用解除完了後からとなります。 ハードウェアトークンの紛失や当行へ届出済の電話番号からの発信による認証が行えなかった等の理由で、ワンタイムパスワードを利用できなくなった場合は、契約者は利用申込書によりワンタイムパスワードの利用解除を届出るものとします。受付後、ワンタイムパスワードの利用解除までは、2銀行営業日ほどかかります。解除完了はEメールにてお知らせします。新しいトークンの発行手続きを行なえるのは、利用解除完了後からとなります。
第28条【ワンタイムパスワード】
(7)免責事項
第28条【ワンタイムパスワード】
(8)免責事項
ワンタイムパスワードの利用停止、トークンの発行規制、ワンタイムパスワード利用解除後の再登録前に、ワンタイムパスワードの入力を必要とする取引ができなかったことに起因して契約者に損害・不利益が生じても、当行はその責任を負いません。 ワンタイムパスワードの利用停止解除前、トークンの発行規制解除前、ワンタイムパスワード利用解除後の再登録前に、ワンタイムパスワードの入力を必要とする取引ができなかったことに起因して契約者に損害・不利益が生じても、当行はその責任を負いません。
第29条【取引認証】 (6) ① 第29条【取引認証】 (6) ①
(6) 免責事項 (6) 免責事項
取引認証の取扱いにあたって事故等が発生した場合は、第2条(5)、第8条、第28条(7)の各定めのほか、本項の定めによることとします。 取引認証の取扱いにあたって事故等が発生した場合は、第2条(5)、第8条、第28条(8)の各定めのほか、本項の定めによることとします。
第29条【取引認証】 (6) ② 第29条【取引認証】 (6) ②
ワンタイムパスワードの利用停止、トークンの発行規制、ワンタイムパスワード利用解除後の再登録前に、取引認証の入力を必要とする取引ができなかったことに起因して契約者に損害・不利益が生じても、当行はその責任を負いません。 ワンタイムパスワードの利用停止解除前、トークンの発行規制解除前、ワンタイムパスワード利用解除後の再登録前に、取引認証の入力を必要とする取引ができなかったことに起因して契約者に損害・不利益が生じても、当行はその責任を負いません。

お問合わせ

<GBダイレクト>インターネットバンキング サポートデスク

0120-808689
携帯・PHSからもご利用いただけます
平日 9:00~21:00
土・日・祝休日、12/31・1/2・1/3 9:00~17:00
1/1および上記以外の時間帯は利用停止のみ受付けています。
  • ご照会内容によっては、当日中に回答できない場合があります。