ぐんぎん経営倶楽部 第76回「勉強会」

テーマ

「会社は社員のものであり、お客様のもの ~社員の成長が企業の成長~」

内容

中小企業を取り巻く経営環境や競争環境が厳しさを増す中、どのようにして自社の企業価値を高めたらよいのか、その経営戦略の重要性が高まっています。中でも「社員の成長が企業の成長」「企業の繁栄は人づくりにあり」の言葉のとおり、「社員の成長、人づくり」が企業価値を高めるうえで重要な要素であることは言うまでもありません。
本勉強会では、2億円近い累積赤字を抱え倒産寸前だった(株)日本レーザーを、「会社は社員のものであり、お客様のものである」との理念の下、社長就任後僅か2年で累積赤字を一掃し、現在まで25年連続黒字、10年以上離職率ほぼゼロに導き、かつ親会社から独立させた同社近藤会長に、全社員が能力を開花させ、より良い会社を目指していく組織づくりや秘訣についてご講演いただきます。
すべての社員を株主にするMEBO(Management and Employee Buyout)実施や高齢者・女性の活躍等、中小企業の特性を活かした人事制度によって活力を高める同社は、これまでの努力と実績が評価され、「日本で一番大切にしたい会社大賞」中小企業庁長官賞(2011年)、東京商工会議所「勇気ある経営大賞」大賞(2012年)、「ホワイト企業大賞」大賞(2017年)など、次々に経営に関する表彰を受賞。
不退転の覚悟で親会社から転じ、見事再建を果たした辣腕経営者としてメディアでも数多く取り上げられるなど、近藤氏の理念経営は多くの共感を呼んでいます。是非、この機会にご参加ください。

講演のポイント

  • 企業破綻の共通要因
  • 再建への道のり
  • 日本で一番大切にしたい会社に選出
  • 社員のモチベーションを上げるために
  • 親会社からの独立
  • 企業を存立できる条件
  • 日本レーザーの経営方針
  • “人財”の条件
  • 社員満足と顧客満足を支える社員への関心
  • グロ-バル時代の“人財”
  • 社長の条件と責任

講師

  • 株式会社日本レーザー 代表取締役会長 近藤 宣之氏

日時・会場

日 時 :
2019年7月2日(火)13:30~15:45
場 所 :
「ビエント高崎」(高崎市問屋町2-7 TEL 027-361-8243)
その他 :
定員80名(先着順)、参加費¥3,240(お1人さま、税込み)