インターネットバンキング利用規定の改定について

平成28年4月1日

平成28年4月1日より「《GBダイレクト》インターネットバンキング利用規定」を改定いたしました。主な改定内容は以下のとおりです。

  • ご契約者カードの交付方法に関する変更
    変更前 変更後
    第2条 【本人確認】
    (1)暗証番号等の届出、通知および変更
       申込者は暗証番号等を「インターネット申込」、または「利用申込書」により、届出るものとします。
       当行は、本サービスの利用にあたって必要となる契約者番号および取引確認番号を記載した「インターネットバンキングご契約者カード」(以下、「ご契約者カード」という)を契約者の届出住所あてに送付します。なお、契約者よりご契約者カード再発行の依頼を受けた場合も同様に送付します。
    第2条 【本人確認】
    (1)暗証番号等の届出、通知および変更
       申込者は暗証番号等を「インターネット申込」、または「利用申込書」により、届出るものとします。
       当行は、本サービスの利用にあたって必要となる契約者番号および取引確認番号を記載した「インターネットバンキングご契約者カード」(以下、「ご契約者カード」といいます。)を当行所定の方法で交付します。なお、契約者よりご契約者カード再発行の依頼を受けた場合も同様とします。
    第12条 【契約期間】
      本契約の有効期間は、ご契約者カード送付用紙に記載の契約者カード作成日から起算して1年間とし、契約期間満了日までに契約者または当行から特に申し出のない限り、契約期間満了日の翌日から自動的に1年間継続されるものとします。また、継続後も同様とします。
    第12条 【契約期間】
      本契約の有効期間は、ご契約者カードの作成日から起算して、1年間とし、契約期間満了日までに契約者または当行から特に申し出のない限り、契約期間満了日の翌日から自動的に1年間継続されるものとします。また、継続後も同様とします。
  • ジュニアNISAに関する変更
    変更前 変更後
    第28条【投資信託取引サービス】
    (3)投資信託取引サービスの利用対象者
       投資信託取引サービスを利用できるのは、満20歳以上の契約とします。


     
       投資信託取引サービスの利用申込みを新たに行えるのは、満20歳以上、満75歳未満の契約者とします。
     

    (7)投資信託取引サービスの手続き
       当行は、原則として、依頼日当日に投資信託取引の手続きを行うものとします。ただし、当行所定の時限以降または銀行休業日(土・日・祝休日・12/31)に確定した場合には、翌銀行営業日(祝休日及び12/31~1/3を除く月曜から金曜)に投資信託取引の手続きを行うものとします。
       受益権等の購入代金等は、IBの代表口座または利用口座に登録済みの普通預金口座または貯蓄預金口座より引き落としのうえ、手のうえ、手続きを行います。ただし、ぐんぎん積立投信契約にもとづく受益権等の購入代金等は、投信指定預金口座より引き落としのうえ、手続きを行います。
    第28条【投資信託取引サービス】
    (3)投資信託取引サービスの利用対象者
       投資信託取引サービスを利用できるのは、満20歳以上の契約者とします。ただし、未成年者少額投資非課税制度(以下、「ジュニアNISA」といいます。)を利用する契約者についてはこの限りではありません。
       投資信託取引サービスの利用申込みを新たに行えるのは、満20歳以上、満75歳未満の契約者とします。ただしジュニアNISAを利用する契約者についてはこの限りではありません。

    (7)投資信託取引サービスの手続き
       当行は、原則として、依頼日当日に投資信託取引の手続きを行うものとします。ただし、当行所定の時限以降または銀行休業日(土・日・祝休日・12/31)に確定した場合には、翌銀行営業日(祝休日及び12/31~1/3を除く月曜から金曜)に投資信託取引の手続きを行うものとします。
       受益権等の購入代金等は、IBの代表口座または利用口座に登録済みの普通預金口座または貯蓄預金口座より引き落としのうえ、手続きを行います。ただし、ジュニアNISAを利用して購入する受益権の購入代金等、ぐんぎん積立投信契約にもとづく受益権等の購入代金等は、投信指定預金口座より引き落としのうえ、手続きを行います。