「3大疾病プラス5」ワイド保障付住宅ローン

死亡・高度障害保障に加え、3大疾病(ガン・急性心筋梗塞・脳卒中)と診断され、所定の事由に該当された場合には診断給付金で、または5つの重度慢性疾患により、就業不能状態が1年を超えて継続した場合には債務繰上返済支援保険金で、ローンが全額返済される住宅ローンです。

新規に住宅ローンをお借入れになる方で現在GBドリームプラスカードをお持ちの方、または新規にご契約いただける方は住宅ローン利用者向けサービス「ハッピーエブリデー」をご利用いただけます。

「3大疾病プラス5」ワイド保障付住宅ローンのご留意事項

死亡・高度障害保障(団体信用生命保険)※1

ご融資実行日以降に、死亡・所定の高度障害状態となられた場合、住宅ローン残高相当額の保険金が当行に支払われ、住宅ローンの返済に充当されます。

ガン保障(団体信用生命保険特定疾病保障特約II型)※1

ご融資実行日より91日目以降に、生まれて初めてガンに罹患し、医師によりガンと診断確定された場合には、住宅ローン残高相当額の診断給付金が当行に支払われ、住宅ローンの返済に充当されます。

  • 「上皮内ガン」(大腸の粘膜内ガン、膀胱や尿路、乳管などの非浸潤ガンを含む)および「皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚ガン」は、ガン保障特約の保障対象外となります。
  • ご融資実行日より90日目以前に罹患したガンについては、医師による診断確定がご融資実行日より91日目以降であっても、診断給付金は支払われません。

急性心筋梗塞・脳卒中保障(急性心筋梗塞および脳卒中のみ保障特約・急性心筋梗塞診断給付金特約・脳卒中診断給付金特約付帯就業不能信用費用保険)※2

  • ご融資実行日から3か月を経過した日の翌日以降に、急性心筋梗塞または脳卒中により就業不能状態となり、約定返済日まで継続した場合、住宅ローン返済月額(1回の支払事由につき最長2か月、通算36か月)相当額の保険金が当行に支払われ、住宅ローンの返済に充当されます。
  • ご融資実行日から3か月を経過した日の翌日以降に、急性心筋梗塞・脳卒中により60日以上所定の状態が継続したと医師により診断された場合、その時点の住宅ローン残高相当額の診断給付金が当行に支払われ、住宅ローンの返済に充当されます。

5つの重度慢性疾患保障(高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎)(重度慢性疾患のみ保障特約・債務繰上返済支援特約付帯就業不能信用費用保険)※2

  • ご融資実行日から3か月を経過した日の翌日以降に、5つの重度慢性疾患により就業不能状態となり、約定返済日まで継続した場合、住宅ローン返済月額(1回の支払事由につき最長12か月、通算36か月)相当額の保険金が当行に支払われ、住宅ローンの返済に充当されます。
  • ご融資実行日から3か月を経過した日の翌日以降に、5つの重度慢性疾患により就業不能状態となり、12か月を超えて継続した場合、その時点の住宅ローン残高相当額の債務繰上返済支援保険金が当行に支払われ、住宅ローンの返済に充当されます。

引受保険会社

※1の引受保険会社はカーディフ生命保険会社、※2の引受会社はカーディフ損害保険会社となります。保険内容についてご不明な点については、「被保険者のしおり」に掲載の問合わせ先へご連絡ください。

その他

  • お申込金額が5,000万円を超える場合は、「診断書」をご提出いただきます。
  • ローン契約者でなくなった場合は、保障は終了します。
  • 所定の状態、および就業できない(就業不能)状態については、「被保険者のしおり」にて必ずご確認ください。
  • 「保険金によるご返済ができない場合(免責事項)」など、より詳しい保険内容の説明については、「被保険者のしおり」に記載の「契約概要」「注意喚起情報」を必ずご確認ください。

ローンシミュレーション
「月々の返済額は?」「お借換えのメリットは?」「2つの金利プランを組合わせたら?」などの疑問を解決!

関連情報

住宅ローンをご利用の方は、カードローン「すまいるパートナー」の金利が差引かれます。

住宅ローン等の残高およびショッピング利用額にもとづき算出される「ボーナスポイント」がGBドリームプラスカードのクレジットポイントに加算されます。

住宅ローン等をお借入の方は、ATMご利用手数料が優遇されます。