個人年金保険Q&A

ゆとりある老後生活を送るには、いくら必要かご存知ですか?

ゆとりある老後生活費は月額35.4万円
老後を夫婦2人で暮らしていく上で、必要と考える最低日常生活費は月額22.0万円、ゆとりある老後生活費は月額35.4万円となっています。また、老後の生活水準については、つつましい生活になるとした人の割合が増加しています。

ゆとりある老後生活費希望月額図

個人年金保険とはどんな保険ですか?

老後の生活費等を準備する目的の保険
個人年金保険は、払い込んだ保険料を一定期間運用し、被保険者があらかじめ決めておいた年齢になった時から、一定期間(5年・10年など)あるいは生涯にわたって毎年年金が受取れる保険です。個人年金保険には、定額型と変額型があり、また、保険料支払方法には、月払、半年払、年払、一時払があります。

年金を受取る際、税金はかかりますか?

雑所得とされ、必要経費を差引いた額が課税対象
毎年受取る年金は、雑所得として所得税の課税対象となります。税金は、受取った年金額から必要経費(年金額に対する払込保険料)を差引いた部分にかかります。なお、保証期間付終身年金の保証期間分の年金を一括受取りする場合は、雑所得として課税され、確定年金を一括受取りする場合は、一時所得として課税されます。

  • 税制は将来的に改正される場合がありますので、ご注意ください。

個人年金保険の仕組みは?

「個人年金保険」とは、払い込んだ保険料を一定期間(契約時に定めた年齢まで)運用し、その運用結果 (=年金原資)を「年金」として受取る保険商品です。 「個人年金保険」には「変額個人年金保険」、「定額個人年金保険」があります。

  • 一般的な「変額個人年金保険」の仕組図
一般的な「変額個人年金保険」の仕組図
  • 一般的な「定額個人年金保険」の仕組図
一般的な「定額個人年金保険」の仕組図