グローバル・フィンテック株式ファンド

フィンテックに関するコンセプト動画配信中!詳しくはこちら

新たな金融サービス「フィンテック」

  • フィンテック(FinTech)とは金融(Finance)と技術(Technology)を組合わせた造語で、最新の情報技術を活用した「新たな金融サービス」のことを言います。
  • フィンテックはスマートフォンのアプリなどを通じた金融サービスを中心に急成長しており、その利便性の高さから「私たちの生活を一変させるイノベーション」として注目されています。

金融サービスの技術革新の変遷

フィンテック台頭の背景

  • リーマン・ショック以降、大手金融機関は厳しい市場環境下で健全性の確保に追われ、顧客のニーズに応える新しいサービスを十分に開発できない状況が続いてきました。
  • こうした中、スマートフォンの急速な普及やテクノロジーの進歩により、技術面での金融サービスへの参入障壁が大きく低下したこともあり、既存の金融機関にはない「新たな金融サービス」であるフィンテックが拡大しました。

新たな金融ニーズの高まりとテクノロジーの急速な進歩遷

すでに身近なフィンテック:電子決済

  • スマートフォンのアプリを通じた決済など、利便性の高いモバイル決済サービスが急成長しています。
  • フィンテック関連企業は決済を通じて手数料収入を獲得する一方、事業会社は利用者にクーポンやポイントを付与することで、顧客の囲い込みや売上の増加をめざしています。

いつでも、どこでもモバイル支払い

すでに身近なフィンテック:家計管理

  • 個人を中心に、銀行口座やカード履歴、オンラインショッピング、保有ポイントなどの情報をまとめ、家計の収入と支出を一括管理できるサービスが始まっています。
  • フィンテック関連企業は有料サービスの提供のほか、利用者の家計や口座情報などをもとに的確な金融商品を紹介し、金融機関から手数料収入を得ることなどをめざしています。

オンラインで家計や口座を「一括管理」

すでに身近なフィンテック:ロボ・アドバイザー

  • 資産運用のアドバイスの提供に際し、AIを活用し、顧客ごとに最適な資産配分を作成する「ロボ・アドバイザー」サービスの注目が高まっています。
  • 人の関与を極力削減し、オーダーメイドの顧客へのポートフォリオ提案を低コストで行なえることから、今後、同サービスの拡がりが期待されます。

スマホで簡単 資産運用はロボにお任せ

ご参考:多岐にわたるフィンテック関連ビジネス

  • フィンテック関連企業は既存の金融機関では満たされなかった金融サービスに対するニーズを捉え、新たな事業領域を次々に開拓しています。

フィンテックの主な事業領域

高い成長が見込まれるフィンテック

  • 現在のフィンテック関連事業への投資の多くを米国が占めており、分野別では既存の銀行ビジネスの中核である融資や決済といった事業が中心となっています。
  • こうしたことは、フィンテックが既存の金融事業を脅かす存在になりつつある一方で、既存の金融機関にとっても新たなビジネスチャンスになり得ることを示唆しています。

急増するフィンテック関連分野への投資

フィンテックを主導する先進国のミレニアル世代

  • ミレニアル世代とは主に米国で1980年~2000年頃に生まれた世代を言います。この世代は幼いころからインターネットやデジタル機器に接していることから、利便性の高い新しいサービスをいち早く取入れる傾向にあるとされています。
  • ミレニアル世代は消費が活発な世代であり、こうした特徴は他の先進国の若者にもみられることから、フィンテック関連企業は、ミレニアル世代に受入れられるサービスを提供することで事業の拡大が期待されています。

今後の消費拡大が期待されるミレニアル世代

フィンテックが捉える新興国市場

  • 依然として、世界の成人の約50%(約25億人)が銀行口座を保有していないと言われている中でも、携帯電話(モバイル通信)の普及は進んでおり、モバイルインフラを活用した金融取引が活発化しています。
  • 金融インフラの整備が遅れている中国やインドでは、スマートフォンなどを活用した決済や送金が先進諸国よりも浸透しています。こうした状況はアフリカなどの地域にもみられ、新興国でもフィンテックの事業拡大が期待されます。

新興国で加速する携帯電話の普及、新興国で利用されるフィンテックの決済・送金

各国の政策がフィンテックの推進を後押し

  • 各国政府はフィンテックの可能性に着目しており、フィンテックを活用して金融サービスの向上を図るべく、規制緩和や推進に向けた取組みを加速しています。

フィンテック推進に向けた規制改革の進展

ご参考:今後の活用が期待されるブロックチェーン

  • ブロックチェーンとは、インターネット上でつながった複数の参加者でモノや資産の全ての取引記録を共有し、データの改ざんを困難にする技術のことです。
  • ブロックチェーンを用いた技術は、ビットコインなどの金融分野だけでなく、各種取引や行政サービスなど様々な分野での幅広い活用が期待されています。

ブロックチェーンの仕組み

フィンテック関連企業の株価パフォーマンス

  • フィンテック関連企業の株価パフォーマンスは、技術革新や各国の政策的な後押しなどを背景に、世界株式を上回る推移となりました。
  • 今後もフィンテック関連企業の高い成長期待を背景として、中長期的な株価パフォーマンスは堅調に推移すると期待されます。

良好な利益成長見通しを背景に、堅調な株価パフォーマンスが期待される