住所変更/お届印の登録・変更/氏名変更/カード再発行(インターネットからのお申込み)Q&A

お申込みについて

インターネットからの住所変更、改印、氏名変更、カード再発行は誰でも申込めるのですか?

インターネットからのお申込み(オンラインアプライ)は個人のお客さま専用サービスです。法人のお客さま、個人事業主のお客さまはお申込みいただけません。
また、お取引の内容によってお申込みできない場合もあります。

住所変更、氏名変更が申込みできない取引とは、どんな取引のことをいいますか?

以下のお取引のあるお客さまはお申込みできません。該当するお取引がある場合はお手数でもお取引店へご連絡ください。

  1. 夜間金庫
  2. 当座預金
  3. 住宅金融支援機構のお借入(フラット35を含みます)
  4. お借入れ一般(下記の個人ローンを除く)
    お取扱いのできる個人ローン
    1. 住宅ローン(群馬信用保証(株)および全国保証(株)の保証付き住宅ローンが対象となります。)
    2. フリーローン「グッドライフプラン」「おまとめ太郎」
    3. マイカーローン
    4. 教育ローン
    5. 省エネローン「エコ計画」
    6. ナイスサポートカード
    7. カードローン
    8. ネットDEローン

申込みには本人確認書類が必要ですか?

はい。インターネットを利用したお取引のため、お申込みされた方と預金者が同一人であることを確認させていただくために、当行が定める本人確認書類を提出していただいております。

どのような本人確認書類が必要となりますか?

住所変更/お届印の登録・変更/氏名変更/カード再発行

当行が定める本人確認書類は以下のとおりです。以下より1つご用意ください。ただし、住所変更に必要な本人確認書類は、新住所(変更後)の記載が必要となります。

公的な証明書(何れも発行後3か月以内のもの、コピー不可)
  1. 住民票
  2. 印鑑登録証明書
以下は有効期限内のもののコピーをお送りください。
  1. 各種健康保険証(表裏ともコピー)
  2. 各種年金手帳(氏名、住所、生年月日の記載面のコピー)
  3. 運転免許証(表裏ともコピー)
  4. パスポート(日本国発行のもの、身分事項欄のコピー)
  5. 在留カード(表裏ともコピー)
  6. 特別永住者証明書(表裏ともコピー)

氏名変更

当行が定める本人確認書類は、以下のとおりです。1群から1つ、2群から1つ、計2つをご用意ください。

1群 A.戸籍全部(個人)事項証明書(発行後3カ月以内のもの、コピー不可)
B.旧姓が記載された住民票(発行後3カ月以内のもの、コピー不可)※1
※1  マル優(少額貯蓄非課税制度)またはマル特(少額公債非課税制度)をご利用のお客さまは、
B.「旧姓が記載された住民票」が必要となります。
       +
2群 C.印鑑証明書(発行後3カ月以内のもの、コピー不可)
D.氏名(住所)の変更を受けた運転免許証(表裏ともコピー)
E.氏名(住所)の変更を受けた(写真付き)住民基本台帳カード(表裏ともコピー)
F.在留カード、または特別永住者証明書(表裏ともコピー)※2
※2  外国籍のお客さまは、F.「在留カード、または特別永住者証明書」を必ずご用意ください。

マル優(少額貯蓄非課税制度)、マル特(少額公債非課税制度)を利用していますが、インターネットから住所変更、氏名変更の申込みができますか?本人確認書類に制限はありますか?

できます。当行から異動申告書を郵送しますので、必要箇所をご記入・ご捺印後返送してください。なお、本人確認書類は『住民票』のみとなります。

住所変更(インターネットからのお申込み)は転居前に申込むことはできますか?

住所変更(インターネットからのお申込み)の申込みは転居後にお願いいたします。
本人確認書類の住所変更(インターネットからのお申込み)がお済みであることが必要です。また当行からの申込書類は新住所へ郵送されますので、お申込時には転居が完了している必要があります。

財形預金がありますが、インターネットから住所変更、氏名変更の申込みができますか?

できます。当行から財形預金変更届を郵送しますので、勤務先を通じ当行へご提出ください。なお、勤務先所定の財形預金変更届がある場合は、勤務先所定の変更届をご提出ください。

「氏名変更」とは、どんなサービスですか。

婚姻や養子縁組などの戸籍移動による氏名変更をインターネットからお申込みいただけるサービスです。また、住所やお届印の変更も同時にお申込みいただけます。なお、遺贈や相続による預金名義の変更は受付けできません。

取引印を紛失してしまいました。改印の申込みができますか?

誠に申し訳ございませんがお申込みいただけません。旧お届印がある場合に限りお届印の変更(改印)を受け付けています。
旧お届印をなくされた場合や、著しい破損のため印影の確認ができない場合は、お申込みをお受けできません。お手数ですがお取引店でお手続きいただきますようお願いいたします。

最近引っ越しましたが、お届印の変更(改印)を申込むことはできますか?

住所変更(インターネットからのお申込み)がお済で無い場合は、お届印の変更(改印)もカードの再発行も受付できません。
本人確認書類の住所変更(インターネットからのお申込み)手続後に住所変更(インターネットからのお申込み)と同時にお届印の変更(改印)を申込んでください。

全ての取引のお届印が変更できるのですか?

大変申し訳ありませんが、お届印の変更(改印)の申込みができる取引の種類は以下のとおりです。
普通預金、総合口座、貯蓄預金、納税準備預金、定期預金、自動積立定期預金、定期積金
上記以外のお取引の改印は、お手数ですがお取引店でお手続きいただきますようお願いいたします。

キャッシュカードを紛失してしまいました。再発行の申込みができますか?

誠に申し訳ございませんがお申込みいただけません。旧カードがある場合に限りキャッシュカードの再発行を受け付けています。

どんなカードの再発行が申込めるのですか?

再発行の申込みができるのは以下のカードです。

  • 磁気ストライプ型キャッシュカード(ローンカード、ダブルストライプ型を含む)
  • ICキャッシュカード(ローンカード、生体認証機能付を含む)
  • GBドリームプラスカード一体型(VISA・JCB)
  • GBドリームプラスカード単体型(VISA・JCB)

使えなくなったカードを半分だけ返却するのは、何故ですか。

使えないカードにも重要な情報が表示され、ICチップ内に記憶されています。そのためカード番号やICチップ、磁気ストライプにはさみを入れ、重要な情報が外部に漏れないようにする必要があります。はさみを入れても、カードが全てそろっていると、カード番号等が読取れて第3者に情報が漏れる可能性があるため、半分を返却していただき、残り半分の処分をお客さまにお願いしています。

ホームページから申込みましたが、受付した旨のEメールが送られてこないのですが?

以下の3つの理由が考えられます。

まだEメールが送信されていない。
お申込み受付後、当行で内容を確認しているため、Eメールの送信までは数日かかります。お申込みいただいてからEメールを送信するまでの日数の目安は以下のとおりです。
お申込みの時間帯 Eメールの送信
月曜日21:00過ぎ~火曜日21:00まで 水曜日の14:00頃
火曜日21:00過ぎ~水曜日21:00まで 木曜日の14:00頃
水曜日21:00過ぎ~木曜日21:00まで  金曜日の14:00頃
木曜日21:00過ぎ~金曜日21:00まで 月曜日の14:00頃
金曜日21:00過ぎ~月曜日21:00まで 火曜日の14:00頃

(月曜日から金曜日は銀行営業日とし、土日以外は休日が無いことを前提としています。)

登録されたEメールアドレスが間違っているか、Eメールアドレスに使用できない文字が含まれている。
迷惑メール防止を設定しているため、Eメールが受取れない。
Eメール送信までの日数の目安を経過してもEメールが届かない場合には、上記2.または3.のケースが考えられます。Eメールが不着となった場合はお申込みが無効となるので再度お申込みが必要となります。その際はEメールアドレスを間違って入力をしていないか、使用できない文字が含まれていないかを確認してください。また迷惑メール防止を設定されている場合は、ドメイン「gunmabank.co.jp」が受信できるようにしてください。

印鑑を押し損じました。どうすれば良いですか?

訂正ができる場合とできない場合があります。オンラインアプライ受付センター(0120-707144)へご照会ください。訂正ができない場合は返信用封筒で返信していただければ、申込書を再発行いたします。

書類の記入を間違えました。また記入マニュアルでは記入不要になっている欄に記入してしまいました。どうすれば良いですか?

訂正ができる場合とできない場合があります。オンラインアプライ受付センター(0120-707144)へご照会ください。訂正ができない場合は返信用封筒で返信していただければ、申込書を再発行いたします。

メールアドレスに使用できる文字は何ですか?

メールアドレスには次の制限がありますのでご注意ください。

  1. 全般の制限事項
    1. 全体の長さは4文字以上64文字以内です。
    2. 「@」は1個のみ(0個は認められません)ご使用ください。
  2. ローカルパート 『「@」の左側』の制限事項
    1. 必ず1文字以上必要です。
    2. ご利用いただける文字は半角の英数字「0~9 A~Z a~z」、と記号「! # $ % & ' * + - . / = ? ^ _ ` { | } ~」です。
    3. 最初に「.」はご使用できません。
  3. ドメインパート 『「@」の右側』の制限事項
    1. 必ず3文字以上で、1つ以上の「.」が必要です。
    2. ご使用いただける文字は半角の英数字「0~9 A~Z a~z」、と記号 「- .」です。
    3. 最初と最後に「.」はご使用できません。
      メールアドレスが制限事項以外の仕様となっている場合、当行からのお取引に関するメールが届きませんので、ご注意をお願いいたします。

住所等を変更する場合、「個人番号(マイナンバー)」を届ける必要がありますか?

平成28年1月1日以降(注)、下記の取引があり、住所変更または氏名変更を行う場合は、「個人番号(マイナンバー)」のお届けが必要となります。

  • 投資信託
  • 公共債
  • 財形預金(年金・住宅)
  • マル優・マル特
  • 平成27年中のお申込みでも、住所変更や氏名変更の当行での手続きが、平成28年1月1日以降となる場合、個人番号(マイナンバー)のお届けが必要となります。
    詳しくはこちら

個人番号(マイナンバー)」を届ける方法は?

オンラインアプライでは、「個人番号(マイナンバー)」のお届けが必要なお客さまに、「個人番号(マイナンバー)告知書」と返送用の専用封筒をお送りいたします。
返送用の専用封筒に、告知書、個人番号カードまたは通知カードのコピー(裏表)、本人確認書類を入れ必ず封緘してください。
返送用の専用封筒はオンラインアプライの各種書類の返送用封筒に入れ郵送してください。 詳しくはこちら