口座開設のお申し込み

居住地が日本以外にあるお客さまのお申込みについて

「非居住者に係る金融口座情報の自動的交換のための報告制度」 (日本版CRS)の導入に伴い、平成29年1月以降、預金口座や証券口座(証券振替決済口座)等の開設等を行う場合、居住地国名等のお届けが必要となります。
インターネットからのお申込みは、居住地が日本のみのお客さまを対象としておりますので、居住地が日本以外にあるお客さまは、恐れ入りますが、最寄りの群馬銀行本支店でお手続きください。

「外国政府等において重要な公的地位にある方等」(※)に該当するお客さまの場合

「外国政府等において重要な公的地位にある方等」に該当するお客さまは、犯罪収益移転防止法にもとづく確認等が必要となるため、インターネットからお申込みいただけません。恐れ入りますが、最寄りの群馬銀行本支店へご相談ください。

  • 「外国政府等において重要な公的地位にある方等」とは、外国の元首、外国の政府・中央銀行その他これらに類する機関において重要な公的地位にある者(過去にその地位にあった者も含む)およびその家族のことをいいます。
    詳しくはこちらをご覧ください。

【米国籍をお持ちの方へ】

米国籍をお持ちの場合は、米国の外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)にもとづく確認等が必要となるため、インターネットからお申込みいただけません。恐れ入りますが、最寄りの群馬銀行本支店でお手続きいただきますようお願いいたします。
詳しくはこちらをご覧ください。

【ご留意・ご同意事項】

以下の項目をご確認してください。全ての項目に同意いただけない場合はお申し込みができません。(チェックボックスのチェックをお客さまの同意といたします。)

私の居住地は日本のみです。
私は、「外国政府等において重要な公的地位にある方等」に該当しません。
私は、米国籍ではありません。
米国籍の場合は、口座開設は群馬銀行の店頭で行います。(FATCA)
口座開設申込ご利用規定各預金規定、およびインターネットバンキング利用規定に同意します。
個人情報の取り扱いについて、「利用目的説明書」の内容に同意します。
普通預金口座(総合口座普通預金を含む)、証券口座は、それぞれお一人さま1口座に限ります。
普通預金・総合口座の申し込みの場合、ICキャッシュカード(磁気併用タイプ)を作ることに同意します。
インターネットバンキング契約がない場合、口座開設と同時にインターネットバンキングを契約することに同意します。
総合口座の申し込みは満20歳以上のお客さまに限ります。
証券口座、NISA口座、外貨普通預金および外貨定期預金のお申し込みは満20歳以上満75歳未満に限ります。
お申し込みいただいた内容に基づき、お客さまに書類を郵送します。郵送先は自宅住所であることに同意します。
登録いただいたEメールアドレスにメールが届かない場合は、本申込は無効となることに同意します。
お届けの住所に郵便物が未達となった場合は、本申込は無効となることに同意します。
その他、当行が口座開設に不適当と判断した場合は、当行は本申込を謝絶します。その場合、その理由については、当行が開示しないことに同意します。
偽造本人確認書類等により、口座を不正取得しようとした場合は、当局へ通報され書類も返却されないことに同意します。
他人による口座の利用や譲渡は禁止されています。他人による口座の利用や譲渡を目的とした口座開設はお断りいたします。
当行にお届けの住所と現在のお住まいが異なる方で、財形預金のご契約がある場合は、財形預金の変更届を職場を通じて当行へ提出していただきます。

口座の売買は犯罪です。このような事実が判明した場合は口座を凍結いたします。
また情報登録されます。

反社会的勢力ではないことの表明・確約に関する同意

私(契約者が法人の場合には当該法人の役員等を含む。以下同じ。)は、次の(1)に定める暴力団員等または(1)の各号のいずれかに該当し、もしくは(2)の各号のいずれかに該当する行為をし、または(1)にもとづく表明・確約に関して虚偽の申告をしたことが判明した場合には、貴行からの通知によりこの契約が解約されても異議を申しません。また、これにより損害が生じた場合でも、いっさい私の責任とします。

  1. 貴行との取引に際し、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下 これらを「暴力団員等」という。)に該当しないこと、および次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約いたします。
    • 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
    • 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
    • 私もしくは第三者の不正の利益を図る目的
      または第三者に損害を加える目的をもってするなど、
      不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
    • 暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの
      関与をしていると認められる関係を有すること
    • 役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と
      社会的に非難されるべき関係を有すること
  2. 自らまたは第三者を利用して次の各号に該当する行為を行わないことを確約いたします。
    • 暴力的な要求行為
    • 法的な責任を超えた不当な要求行為
    • 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
    • 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて貴行の信用を毀損し、
      または貴行の業務を妨害する行為
    • その他前各号に準ずる行為
反社会的勢力ではないことの表明・確約に同意します。

お申し込み

上記事項を確認・同意のうえ、以下のボタンで入力画面へお進みください。