環境問題への取り組み

「群馬銀行環境方針」の制定

  • 平成21年5月1日に、当行の環境への取組方針を明確化し、全行員の環境意識の向上を図るために制定しました。
  • 環境方針に基づき、諸施策の実施や金融商品・サービスの提供を行ってまいります。

<群馬銀行環境方針>
群馬銀行は、
環境と産業が両立する真に豊かな地域社会の実現を目指し
ふるさとの自然環境を大切にしていきたいと考えています。
環境保全に積極的に取組み
市民として責任ある役割を果たしていきます。

[環境行動基準]

  1. 省資源、省エネルギー、リサイクル活動を推進し、環境への負荷の低減に努めます。
  2. 金融商品・サービスの提供などを通じて、環境保全に取組むお客さまを支援します。
  3. 役職員に対する環境教育を推進し、役職員の環境保全活動を支援します。
  4. 地域における環境保全活動を支援します。

商品・サービスを通じた取り組み

  • 自然環境保護ファンド「尾瀬紀行」取り扱い
    信託報酬の一部を公益財団法人尾瀬保護財団に寄付しています。
    (平成27年度までの寄付累計額約10百万円)
    自然環境保護ファンド「尾瀬紀行」取り扱い
  • 環境配慮型私募債の取り扱い
    環境に配慮した取り組みを行う取引先の私募債発行手数料を優遇しています。
    (平成28年3月までの取り扱い実績)
    種類 取扱開始 件数 金額
    環境配慮型
    銀行保証付私募債
    平成19年10月 168件 208.2億円
    環境配慮型
    信用保証協会保証付私募債
    平成20年10月 7件 3.3億円
    • 件数、金額は累計
  • 省エネローン、マイカーローンの金利優遇
    環境に配慮した住宅設備を購入する場合の省エネローンやエコカーを購入する場合のマイカーローンの金利を優遇しています。

その他の環境への取り組み

  • 「ぐんぎんの森」整備活動
    平成23年に「県有林整備パートナー事業実施協定」を群馬県と締結しました。赤城山内の県有林3.69haを「ぐんぎんの森」と命名するとともに、その整備や保全に協力しています。
    毎年、新入行員研修の一環として間伐・枝打ちなどの作業体験を行い、行員の環境意識の向上に努めています。
    「ぐんぎんの森」整備活動
  • 店舗の省エネ化
    店舗建替え時に太陽光発電システムの導入をしております。
    本部、支店への省エネタイプの空調設備、照明機器の導入にも取り組んでおります。
  • 電気自動車用充電スタンドの導入
    本店営業部駐車場に1台設置しております。
    無料(原則1時間以内)でご利用いただけます。
    ご利用時間 
    銀行営業日の駐車場開放時間 9:00~15:00
    (土曜・日曜日、祝休日および12/31~1/3を除く)
      

公益財団法人群馬銀行環境財団

平成7年に企業理念である「地域社会の発展を常に考え行動すること」の実践活動の一環として公益財団法人群馬銀行環境財団を設立しました。
快適で健全な環境の整備・保全を目指して、「助成活動」や「啓発活動」を行っております。
詳しくはこちらをご覧ください。