沿革

1930~1940年代

1932
  • 群馬大同銀行設立(資本金580万円)
1945
  • 前橋市の空襲により本店焼失
1947
  • 本庄支店開設(当行初の県外店舗)
1948
  • 資本金を1億円に増資

1950~1960年代

1952
  • 前橋市本町に本店完成
1955
  • 商号を(株)群馬銀行と改称
1961
  • 外国為替業務開始
1964
  • 「群馬県指定金融機関」に指定
1968
  • 為替オンラインシステム稼働
1969
  • 東京証券取引所に株式を上場
  • クレジットカード取扱開始

1970~1980年代

1972
  • 現本店竣工
  • 第1次オンラインシステム稼働
  • 「勤労者財産形成貯蓄」取扱開始
  • 「商工ローン」「暮らしのローン」取扱開始
1973
  • 現金自動支払機(CD)設置開始
1974
  • 初の店外CD、前三百貨店に設置
  • 第1回「くじ付定期預金」取扱開始
  • 邦銀4行の海外支店と初のコルレス契約
1978
  • 第2次オンラインシステム稼働
1979
  • 現金自動預金支払機(ATM)を本店に設置
1983
  • 公共債の窓口販売業務開始
  • あかぎ国体女子9人制バレーボール優勝
1987
  • 第3次オンラインシステム稼働
1988
  • ニューヨーク支店開設
1989
  • 「ぐんぎん総合住宅ローン」発売

1990~現代

1991
  • 群馬財務(香港)有限公司設立
1992
  • 新電算センター竣工
  • 新企業理念シンボルマークの制定
  • 海外格付の取得
1993
  • 前橋住宅ローンセンター開設(第1号)
  • 香港支店開設
  • お客さま満足向上運動(CS運動)開始
  • 群馬テレビ「ビジネスジャーナル」提供開始
  • 「年金相談会」開始
1994
  • 信託業務・信託代理店業務の取扱開始
1995
  • 財団法人群馬銀行環境財団設立
  • 新型住宅ローン「金利選択プラン」発売
  • 「尾瀬ボランティア口座」の取扱開始
1996
  • サンデーバンキング(ATM休日稼働)を全店へ拡大(一部除く)
1997
  • インターネットへのホームページ開設
1998
  • 投資信託の窓口販売業務開始
  • 自動窓口受付システム(EYE-QUE)の稼働
1999
  • IR説明会(第1回)開催
  • 無担保ローンファックス申込み取扱開始
2000
  • インターネットバンキング開始
  • コンビニATM開始
2001
  • 確定拠出年金「企業型」取扱開始
2002
  • 「愛県債(住民参加型公募債)」取扱開始
  • 個人年金保険の窓口販売開始
2004
  • 前橋・高崎ローンステーション開設
2005
  • 証券仲介業務の取扱開始
  • 地域密着型金融推進計画の公表
  • 「ガン保障特約付住宅ローン」発売
2006
  • 生体認証付ICキャッシュカード取扱開始
  • 「自然環境保護ファンド(尾瀬紀行)」発売
  • 「GBドリームプラスカード」発売
2007
  • 群馬テレビ「グッドライフマガジン」放送開始
  • クールビズの実施
2008
  • 盗難通帳及びインターネットバンキングによる預金等の不正払戻被害補償開始
  • 「がん保険」、「医療保険」取扱開始
  • 遺言信託・遺言整理業務の取扱開始
  • インターネットによる住宅ローン申込み取扱開始
2009
  • 「群馬銀行環境方針」策定・公表
  • 「リバースモーゲージ」取扱開始
2010
  • 「重粒子線治療ローン」取扱開始
2011
  • 上海駐在員事務所開設
2012
  • 創立80周年
2013
  • 「ぐんぎん経営倶楽部」発足
  • インターネットによる外為取引利便性強化
  • 「ぐんぎんビジネスサポート大賞」の創設
2014
  • 「ぐんま医工連携活性化ファンド」の設立
2015
  • 「群馬銀行グリーンウイングス」活動開始
  • 「ぐんぎんビジネスサポートファンド」設立