頭取メッセージ

取締役頭取 齋藤 一雄

平素は群馬銀行をご利用、お引き立ていただきまして、誠にありがとうございます。当行は、昭和7年の設立以来、さまざまな社会・経済の変遷のなか地域のリーディングバンクとして地域社会の発展を常に考えて行動するとともに、経営体質の強化に努め、今日の基盤を築いてまいりました。これもひとえに皆さまの温かいご支援の賜物と深く感謝しております。

わが国の経済情勢をみると、世界経済に不確実性があるものの、景気は緩やかな回復を続けています。しかし、金融面では、マイナス金利政策の導入に伴い、金融機関経営を巡る環境は格段に厳しさを増しています。一方、人口減少や高齢化進行等の課題に対処を迫られるなかで、地域活性化に向け地域金融機関が果たす役割への期待は一段と高まっています。

こうした経営環境のなか、当行は、「2016年 中期経営計画『Value for Tomorrow』~価値ある提案を明日に向けて~」の2年目を迎え、本計画のめざす企業像である「地域とお客さまの明日をサポートし、ともに成長する地域金融グループ」の実現に向けて諸施策を展開しております。

地域創生に向けた取組みとしては、ぐんぎんビジネスサポート大賞応募者への事業化支援や「ぐんぎん地方創生私募債」の取扱開始などにより地域の活性化に取組むとともに、地方公共団体や群馬大学と連携協定を締結し、地方創生に積極的に参画しております。

法人のお客さまへは、ワンストップ型支援態勢である「法人コンサルティング推進班」を拡充し、資金調達の多様な支援、ビジネスマッチング、M&A・事業承継サポートに注力するほか、海外展開支援や各種セミナーの開催などを通じた本業支援に努めるとともに、より適切な価値ある提案の実践に向け、企業の事業性評価に対する本格的な取組みを行っております。

個人のお客さまへは、ほけんの窓口グループ株式会社との業務提携、個人型確定拠出年金(iDeCo)新プランの取扱開始など資産形成・資産運用における多様なニーズにお応えするとともに、住宅ローンおよび無担保消費者ローンの商品性の向上や、非対面サービスの拡充に取組んでおります。

マーケット拡大への取組みでは、平成29年7月に「足立支店」を開設したほか、土曜・日曜日も営業する「ローン・ほけん相談プラザ」の営業時間拡大や拠点の増設など、顧客接点の拡充を図っております。
グループ総合力向上への取組みでは、ぐんぎん証券株式会社の営業開始により本格的な銀証連携に取組むほか、業務提携に基づく出資によりスカイオーシャン・アセットマネジメント株式会社を関連会社に加えるなど、幅広い金融サービスの提供に努めております。

こうした取組みにより、貸出運用力の強化を図るとともに従来にも増してフィービジネスの増強を図ってまいります。

さらに、業務効率化への取組みにより生産性向上を追求するとともに、コンプライアンス態勢強化や顧客保護等管理態勢の充実、リスク管理態勢の高度化にも努めてまいります。

当行は、引き続き地域とお客さまの幅広いニーズに向き合い、真に役立つ金融ソリューションの提供に努め、地域金融グループとしてステークホルダーの皆さまの信頼と期待に応えていく考えです。今後とも、ご支援を賜りますよう、お願い申しあげます。

平成29年7月
取締役頭取 齋藤 一雄