利益相反管理方針

当行は、お客さまと当行または末尾に明示する当行のグループ会社(以下、「当行等」といいます。)との間、ならびに、当行等のお客さま相互間において生じる利益相反のおそれのある取引に関し、適切に管理を行い、お客さまの利益を不当に害することのないよう業務を遂行いたします。

1.利益相反取引の定義

「利益相反」とは、お客さまと当行等との間、ならびに、当行等のお客さま相互間において、当行等がお客さまの利益のために行動すべき立場と当行等または他のお客さまの利益のために行動する立場を併せ持つことにより、お客さまの利益が不当に害される状況が生じることをいいます。また、「利益相反取引」とは、上記のような状況が生じるおそれのある取引のことをいいます。
「利益相反管理」とは、利益相反取引をあらかじめ特定し、当該取引に対する適切な管理方法を決定し、実施することにより、利益相反取引を管理することをいいます。

2.利益相反取引の類型

当行等が行う取引が、例えば、以下のような取引に該当する場合には、当該取引は、利益相反取引に該当する可能性があります。

  1. お客さまと当行等の利害が対立(衝突)する取引
  2. お客さまと当行等の他のお客さまとの利害が対立(衝突)する取引
  3. お客さまの求める利益と当行等の求める利益が競合する取引
  4. お客さまの求める利益と当行等の他のお客さまが求める利益が競合する取引

3.利益相反取引の管理方法

当行は、利益相反取引の管理方法として、以下に掲げる方法を適宜実施し、また、必要に応じて、複数の方法を組合せて実施することにより、利益相反管理を適切に行います。

  1. 利益相反取引を行う部門を分離する方法
  2. お客さまとの取引条件または取引方法を変更する方法
  3. 利益相反取引の中止または利害が対立または競合する一方のお客さまとの取引を中止する方法
  4. お客さまへ利益相反のおそれがあることについて開示を行い、その対応について、お客さまから同意を取得する方法
  5. その他、利益相反取引の内容に応じた適切な方法

4.利益相反管理体制

当行は、適正な利益相反管理の遂行のため、利益相反管理責任者を設置いたします。利益相反管理責任者は、当行等の利益相反管理の責任者として、利益相反取引にかかわる情報を収集するとともに、利益相反管理態勢の適切性を継続的に検証し、改善に努めます。

5.利益相反管理の対象となる会社の範囲

当行では、当行および以下に掲げる当行のグループ会社を利益相反管理の対象となる会社とします。

  1. ぐんぎんリース株式会社
  2. 株式会社群銀カード
  3. 群馬財務(香港)有限公司
  4. ぐんぎん証券株式会社
  5. スカイオーシャン・アセットマネジメント株式会社

平成28年10月