スパイウェアにご注意ください

最近、「スパイウェア」と呼ばれるソフトにより、身に覚えのない振込取引がインターネットバンキングサービスでなされる被害が、複数の金融機関で発生した旨が報道されております。

スパイウェアとは
スパイウェアとは、パソコンから入力されたパスワード等の情報を、利用者が気づかないうちに収集し、その情報をインターネットを介して悪意を持った第三者に送信するような機能を有する不正ソフトです。
スパイウェアの感染(侵入)ルートは、以下の3つと言われております。
  • 電子メールの添付ファイル
  • フリーソフト等
  • 特定のWebサイト
  • 当行におきましては、現在、被害に関する報告はございません。また、当行のシステムからお客さまの情報が漏れたといった事実もございません。
ご注意
スパイウェアの感染(侵入)を避けるため、以下のような点に注意し、パソコンを利用されるようお願い申しあげます。
  • セキュリティ対策ソフトを利用する。
  • 出所の不確かなフリーソフト等を安易にインストールしない。
  • インターネットカフェや図書館等の不特定多数の人が利用するパソコンでは、パスワードなどの重要情報を入力しない。
  • 不審なサイトへのアクセスを避ける。
  • 心当たりのない電子メールの添付ファイルは開かない。
なお、インターネットバンキングサービスで利用いただくパスワードは、定期的に変更いただきますようお願い申しあげます。
身に覚えのないインターネットバンキング取引等に気づかれた場合
万が一、身に覚えのないインターネットバンキング取引に気づかれた場合は、「群馬銀行ダイレクトセンター」にご連絡ください。

お問合わせ

群馬銀行ダイレクトセンター

0120-13-9138
携帯・PHSからもご利用いただけます
受付時間 9:00~20:00
ただし、土・日・祝休日、12/31~1/3は除きます。