インターネット取引関連の金融犯罪について

インターネット取引関連の金融犯罪とはユーザID、ログインパスワード、暗証番号などの、個人情報盗取を目的とした不正行為を指します。現在その多様な手口は年々増え続けています。お客さまの大切な口座が被害に合わないために手口や対処法の確認などのご準備をしていただくようお願い申し上げます。当行でもセキュリティチェックの強化に取組んでおります。

よくある手口

フィッシング

金融機関を装った電子メール等によりお客さまを 「偽のホームページ」に誘い込んで「ログインID・口座番号・暗証番号」等の重要情報を入力させて盗み取るもの。
一部金融機関において、「システム上の確認」などと称したメールを受信した預金者がフィッシング詐欺に遭い、第三者により不正振込が行われたという事件があります。

スパイウェア

スパイウェアとは、パソコンから入力されたパスワード等の情報を、利用者が気づかないうちに収集し、その情報をインターネットを介して悪意を持った第三者に送信するような機能を有する不正ソフトです。
「スパイウェア」により盗み取ったIDやパスワード等を使って第三者が預金者になりすまし、 身に覚えのない振込取引がインターネットバンキングサービスでなされる被害が、複数の金融機関で発生した旨が報道されております。

ファイル交換ソフト

不特定多数の人の間でパソコン上のファイルを簡単に交換できるようにするソフトウェアです。代表的なものとして「Winny(ウィニー)」などがあります。
インターネットバンキングのパスワード等を記したファイルが、パソコンにインストールされていた「ファイル交換ソフト」を使用していたことによって外部に流出し、不正に出金等がされたという被害が、複数の金融機関で発生した旨の報道がされております。

銀行を装ったCD-ROM送付

一部金融機関において、「銀行(を装った者)から送られてきたCD-ROMをパソコンにインストールしたところ、身に覚えのない振込がなされた」という事件が発生しております。

お客さまができること

インターネット取引関連の金融犯罪の被害に遭わないためには身を守ることが大切です。「身を守ろう!パソコン利用時の注意事項」ではセキュリティソフトの導入や、残高の確認、メールアドレスの登録、被害に遭わないための習慣などを分かりやすくご紹介しています。お客さまの大切な口座を守るために家庭でも簡単にできる準備・対処法のご確認をお願いいたします。

群馬銀行の取組み

EMCジャパン株式会社が提供するフィッシング詐欺サイト検知・閉鎖サービス「RSA FraudAction(アールエスエー・フロードアクション)」の導入や、当行ホームページサービスにアクセスしている間の、ウィルス検知・駆除・通信の遮断を行うウィルス対策ソフトを提供等のセキュリティを強化しております。

SSLの利用

当行のウェブサイトでは、個人情報を入力していただく専用フォーム部分には全てSSL
(Secure Socket Layer)を採用し、お客さまの情報を暗号化して通信しております。
SSLはさまざまなセキュリティ技術の組合せでデータの盗聴、改ざんなどを防ぎます。
なお、携帯電話の場合は、各携帯電話会社独自の暗号技術を使用しています。

EV SSL証明書の導入

当行は、インターネットバンキングやビジネスネットバンキングなどに係るフィッシング詐欺対策として「EV SSL証明書」を導入しています。これによりお客さまがアクセスしたサイトが当行の正規サイトであることを簡便に確認できます。
インターネットバンキングなどをご利用の際には以下を参考に当行の正規サイトであることを確認のうえご利用ください。

EV SSL証明書とは

SSLとはSecure Socket Layerの略で、データを暗号化してやり取りするための規格です。SSL証明書とは暗号化を実現するための電子証明書です。EV(Extended Validation)SSL証明書はこの電子証明書のひとつです。

EV SSL証明書の発行を受けるには、ドメイン名の所有権の確認だけでなく、申請を行った者がその権限を有することの確認、商業登記簿謄本による会社組織の実在性の確認など、通常のSSL証明書について発行を受ける場合と比較して厳密な審査が行われます。

なお、当行のEV SSL証明書を発行する認証局は、「VeriSign」(日本ベリサイン株式会社)です。

確認方法

  1. EV SSL証明書の対象サービスにアクセスした場合、アドレスバーが緑色になります。
  2. ウェブサイトの運営組織名に『The Gunma Bank, Ltd』または『NS Solutions Corporation』と表示されます。「ウェブサイトを運営する組織」と「証明書を発行した認証局」が交互に表示されます。
サービス URL ウェブサイトを
運営する組織名
インターネットバンキング https://www.direct.gunmabank.co.jp/ The Gunma Bank, Ltd.
ビジネスネットバンキング https://www.gbiz.gunmabank.co.jp/ The Gunma Bank, Ltd.
ビジネスネットバンキング
為替予約サービス
https://www.crossmeetz.com NS Solutions Corporation
各種ローン申込サイト、資料請求等 https://www.gunmabank.co.jp The Gunma Bank, Ltd.

アドレスバーが上記のURL・認証局であることをご確認ください。

Internet Explorer 6などEV SSL証明書に対応していないブラウザをご利用の場合、画面表示上の変化(アドレスバーが緑色に変化など)はありません。ご利用の際にはアクセスしたサイトのURLが上記と同一であることをご確認ください。

EV SSL証明書に対応したブラウザ

最新の対応ブラウザおよびその他のブラウザは、日本ベリサイン株式会社のホームページでご確認ください。

パソコン向けウィルス対策ソフトの無料提供

当行のインターネットバンキングなどのインターネットサービスをご利用中にお客さまのパソコン内のウィルスの活動を監視し、検知・駆除・通信を遮断することが可能なウィルス対策ソフトをご用意しております。(利用料金は無料です。)
ご利用にはソフトウェアのインストールが必要です。

オートコンプリート機能の停止

オートコンプリート機能(パスワードを記憶する機能)は、セキュリティ確保の観点により当行インターネットサービス利用時は使用できないようになっております。

なお、IE11をご利用される場合は、オートコンプリート機能を無効化する設定や操作を行う必要があります。

ソフトウェアキーボードの採用

キーボードにより入力したパスワード等は、キーロガー(スパイウェアの一種)等により盗み取られる可能性があります。
当行では、パスワード等の重要情報の入力にソフトウェアキーボードも利用いただけます。

個人向けインターネットサービスの例

フィッシング詐欺サイトの検知・閉鎖サービスの採用

当行では、フィッシング詐欺対策として、EMCジャパン株式会社が提供するフィッシング詐欺サイト検知・閉鎖サービス「RSA FraudAction(アールエスエー・フロードアクション)」の導入を行いました。本サービスの導入により、フィッシング詐欺被害の拡大を防止いたします。

万が一の場合

万が一被害にあわれた、またはその疑いがある場合のご相談などは、お近くの群馬銀行、または以下のフリーダイヤルへ、ご遠慮なくお問合わせください。

お問合わせ

群馬銀行「金融犯罪対策窓口」

0120-788511
受付時間 9:00~17:00
ただし、土・日・祝休日、12/31~1/3は除きます。