群馬銀行グループ グリーン/ソーシャル/サステナビリティボンドフレームワーク

フレームワーク策定の背景・目的

  • 当行は、2019年2月に制定した「群馬銀行グループSDGs宣言」に基づき、事業活動を通じて環境・社会課題等のSDGs達成に取組むことで、持続可能な社会の実現と経済的価値の創造に努めております。また、地域のお客さまにも広くSDGsの啓蒙・普及を図るとともに、SDGs達成に貢献するお客さまを支援することにより、地域全体で持続可能な社会の実現に向けて取組んでおります。
    2019年11月には、SDGs達成への取組みとして、再生可能エネルギー、エネルギー効率およびクリーンな輸送などのグリーンプロジェクトを資金使途とするグリーンボンドフレームワークを策定し、他の地方銀行に先駆けてグリーンボンドを発行しました。グリーンボンドの発行を通じて、CO2削減に寄与する事業への融資等に群馬銀行グループ全体で積極的に取組むことで、環境課題に貢献してきました。
    今般、当行はSDGs達成に向けた取組みを更に強化するため、環境課題に加え社会課題への貢献を視野に、本フレームワークを策定しました。

フレームワークの概要

  • 本フレームワークでは、グリーンボンドフレームワークにおけるグリーンプロジェクトに加え、社会課題に寄与するソーシャルプロジェクトを資金使途に追加しております。ソーシャルプロジェクトは、①雇用の維持・創出 ②災害からの復興・復旧支援 ③地域経済の再生・持続支援 ④医療、福祉サービス支援の4つのプロジェクトにより構成されており、幅広い社会課題に取組むものとなっております。

適格プロジェクトの概要

グリーンプロジェクトSDGs ソーシャルプロジェクトSDGs
  再生可能エネルギー   雇用の維持・創出
  エネルギー効率   災害からの復興・復旧支援
  クリーンな輸送   地域経済の再生・持続支援
  グリーンビルディング   医療、福祉サービス支援

グリーン/ソーシャル/サステナビリティボンドフレームワーク

群馬銀行グループフレームワーク 適格性に関する第三者評価
  • 本サイトに含まれている情報は、情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的として作成されたものではありません。
Get ADOBE READER
Adobe、Adobe ロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。