機構証券化住宅ローン「フラット35」(機構買取型)

住宅金融支援機構の証券化支援事業を活用した「長期・固定金利」の住宅ローンです。

証券化支援事業とは

住宅金融支援機構が金融機関の住宅ローンを買い取り、その債券を信託銀行等に信託します。それを担保として住宅金融支援機構が住宅金融支援機構債権(資産担保証券:MBS)を発行(これを証券化といいます)し、債券市場(投資家)から債券発行代金を受け取ることにより、お客さまへの住宅ローン貸出のための資金を調達する仕組みです。

機構証券化住宅ローン「フラット35」(機構買取型)のご留意事項

  • 「機構証券化『フラット35』(機構買取型)」は、住宅金融支援機構(以下「機構」といいます。)の証券化支援事業を活用した住宅ローンです。
  • ご融資の実行と同時に機構へ債権譲渡されます。
  • 機構は、譲り受けた債権を信託会社に信託します。
  • 債権譲渡後も、返済や条件変更等一切の手続きは当行の取扱店で行います。

関連情報

住宅ローンの基本を備えた、ベーシックな商品です。固定金利と変動金利の選択や2つの金利コースの選択もできます。

死亡・高度障害保障に加えて「ガン」と診断された場合にも診断給付金でローンが全額返済される住宅ローンです。