ローンについて

ローンの基本的な仕組みの説明です。

固定金利とは、お借入時に約束した利率を最後まで変えずに利息額を計算する種類の金利であり、変動金利は、一定の基準に従って利率が変わっていくタイプの金利です。

固定金利の場合、世の中の経済情勢等に関わらず、常に一定の利率が適用されるので、金利上昇局面では借主側が有利になります。一方、返済期日まで利率の変更はできない契約となっているため、世の中の金利が下がっても、そのままの利率で最後までご返済いただくことになります。

変動金利の場合、銀行の短期プライムレート(1年以内の最優遇金利)を基準に利率が変動します。短期プライムレートは当行が市中金利等を参考に決定していますので、経済情勢等によって変わる金利と言えます。したがって、世の中の金利と同じように変動していきますが、市中の金利が急騰した時などは、利率が大幅に引き上げられることになります。

ローンの金利については、借入期間が比較的短いマイカーローンなどは変動金利が一般的ですが、長期間にわたって返済する住宅ローンの場合は、一定の条件のもとに固定金利と変動金利を選ぶことができる「金利選択型」が主流となっています。