ライフサポート団信付住宅ローン

死亡・高度障害状態に加え、がんと診断確定された場合、または脳卒中・急性心筋こうそくと診断され、所定の状態が60日以上継続した場合、または脳卒中・急性心筋こうそくの治療のための所定の手術を受けた場合、ローンが全額返済されます。
また、3大疾病以外の疾病または傷害による所定の就業不能状態が3か月を超えて継続した場合、毎月の返済額を最長9か月保障します。さらに、所定の就業不能状態が12か月を超えた場合、保険金でローンが全額返済されます。

ライフサポート団信付住宅ローン

新規に住宅ローンをお借入れになる方で現在GBドリームプラスカードをお持ちの方、または新規にご契約いただける方は住宅ローン利用者向けサービス「ハッピーエブリデー」をご利用いただけます。

ライフサポート団体信用生命保険の特徴

ライフサポート団体信用生命保険の特徴

    • 「上皮内がん」「皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚がん」は対象となりません。(「上皮内がん」には子宮頸がん0期、食道上皮内がん、乳房・膀胱・腎盂・尿管などの非浸潤がん、大腸の粘膜内がん等があります。)
    • 保障開始日前に所定の悪性新生物(がん)に罹患したと診断確定されていた場合は、保障の対象となりません。
    • 保障開始日からその日も含めて90日以内に所定の悪性新生物と診断確定された場合は、保障の対象となりません。

  • 保障開始日前に発病した脳卒中は、保障の対象となりません。

  • 「病院または診療所」とは、次の各号のいずれかに該当するものとします。
    1. 医療法に定める日本国内にある病院または患者を入院させるための施設を有する診療所
      なお、介護保険法に定める介護老人保健施設および介護老人福祉施設ならびに老人福祉法に定める老人
      福祉施設および有料老人ホームは含まれません。
    2. 前号の場合と同等の日本国外にある医療施設
  • 手術
    急性心筋こうそくおよび脳卒中について対象となる「手術」とは、治療を直接の目的として、器具を用い、生体に切断、摘除などの操作を加えるものであり、かつ、次の①~④に該当するものを指します。吸引、穿刺などの処置および神経ブロックは除きます。
    ①開頭術 ②開胸術 ③ファイバースコープ手術 ④血管・バスケットカテーテル手術
  • 所定の状態
    脳卒中:言語障害、運動失調、麻ひ等の他覚的な神経学的後遺症が継続したと医師によって診断された場合。
    急性心筋こうそく:労働制限を必要とする状態が継続した場合。

  • 保障開始日前に発病した急性心筋こうそくは、保障の対象となりません。
  • 所定の就業不能状態
    病院もしくは診療所への治療を目的とした入院、または以下に該当する状態にあり医師の指示による在宅療養をしている状態のことをいいます。
    1. 身のまわりのある程度のことはできるが、しばしば介助が必要で、日中の50%以上は就床しており、自力では屋外への外出等がほぼ不可能となったもの
    2. 身のまわりのこともできず、常に介助を必要とし、終日就床を強いられ活動の範囲がおおむねベッド周辺に限られるもの

ライフサポート団信付住宅ローンのご留意事項

  • 住宅ローンが契約にならなかった場合には、保険の対象とはなりません。
  • お申込み金額が5,000万円を超える場合は所定の「専用診断書」をご提出いただきます。
  • お客さまによる告知内容により、保険会社がご加入をお断りする場合がございます。
  • ローン契約者でなくなった場合、保障は終了します。
  • 「保険金によるご返済ができない場合(免責事項)」など、より詳しい保険内容の説明については、「地銀協ライフサポート団信制度 申込書兼告知書」に添付の「団体信用就業不能保障保険および3大疾病保障特約付団体信用生命保険重要事項に関するご説明」の「契約概要」および「注意喚起情報」を必ずご確認ください。

ローンシミュレーション
「月々の返済額は?」「お借換えのメリットは?」「2つの金利プランを組合わせたら?」などの疑問を解決!

関連情報

住宅ローンをご利用の方は、カードローン「すまいるパートナー」の金利が差引かれます。

住宅ローン等の残高およびショッピング利用額にもとづき算出される「ボーナスポイント」がGBドリームプラスカードのクレジットポイントに加算されます。

住宅ローン等をお借入の方は、ATMご利用手数料が優遇されます。