第三者によるワンタイムパスワードの「なりすまし」登録にご注意ください

平成28年12月30日

一部金融機関において、お客さまのパソコンがウィルスに感染したことなどを原因として、第三者が正当なインターネットバンキング契約者になりすまして、ワンタイムパスワードを登録し、不正送金する事件が発生しています。

当行は、平成28年10月31日より振込および民間企業宛てのペイジー払込のお取引をワンタイムパスワードのご利用者に限らせていただいておりますが、ワンタイムパスワードを利用されていないお客さまがインターネットバンキングの本人認証項目(※)をすべて盗まれた場合、第三者にワンタイムパスワードを「なりすまし」登録されて、不正送金される可能性があります。

  • 契約者番号、ログインパスワード、暗証番号、取引確認番号

ワンタイムパスワードをご利用いただいていないお客さまは、速やかにワンタイムパスワードを利用いただくとともに、お使いのパソコン等に必ずウィルス対策ソフトを利用して、契約者番号やパスワード等が盗まれないように対策していただきますようお願いします。

他の金融機関において発生した事件の概要

発生原因
  • 被害者のパソコンがウィルスに感染し、ログインIDやパスワード等が盗まれてしまった。
  • フィッシングメールにより「にせ画面」に誘導されて、ログインIDやパスワード等を入力してしまった。
  • ログインIDやパスワード等をクラウドサービス等に保存していたが、クラウドサービス等に不正にログインされてログインID等が盗まれてしまった。
犯行の手口
  1. 犯罪者は、ウィルスやフィッシングにより不正に入手したログインIDやパスワードを利用して、インターネットバンキングにログインする。
  2. ワンタイムパスワード(ソフトウェアトークン)の利用申込を行い、犯罪者自身の携帯電話やスマートフォンにワンタイムパスワードを設定する。
  3. ワンタイムパスワードを利用して、インターネットバンキングで不正送金を行う。

被害を防ぐための注意事項

当行のインターネットバンキングをご利用のお客さまは、不正送金被害を防ぐために以下の点にご注意ください。

ワンタイムパスワードをご利用ください。
ワンタイムパスワードは、お一人につき一件のみ利用が可能です。正当な契約者がワンタイムパスワードを利用することで第三者による「なりすまし」登録を防ぐことができます。
パソコン等の基本ソフト(OS)やブラウザ等は、常に最新の状態に更新してください。
最新ではないOSやブラウザ等を利用した場合、ウィルスに感染するリスクが高まります。
なお、メーカーのサポート期限が切れているOSやブラウザ等は絶対に利用しないでください。
セキュリティソフトをご利用ください。
当行のインターネットバンキングログイン画面を装う「にせ画面」を表示するウィルスが確認されています。お使いのパソコン等には、必ずセキュリティソフトを導入し、最新の状態に更新のうえ常時稼働させてください。また、定期的にウィルスチェックを実施してください。
なお、当行が提供するパソコン向けウィルス対策ソフト「サート ネチズン」も合わせてご利用することで、第三者に不正利用されるリスクが低くなります。

お問合わせ

<GBダイレクト>インターネットバンキング サポートデスク

0120-808689
携帯・PHSからもご利用いただけます
平日 9:00~21:00
土・日・祝休日、12/31・1/2・1/3 9:00~17:00
1/1および上記以外の時間帯は利用停止のみ受付けています。
  • ご照会内容によっては、当日中に回答できない場合があります。
  • フリーダイヤルをご利用いただけない場合 044-959-0412(有料となります)