「お客さま本位の業務運営に関する取組方針」に基づくアクションプラン

1.お客さまの最善の利益の実現
  1. 当行が考えるお客さまの最善の利益とは「お客さまのライフステージに応じて発生する資産形成・資産運用・資産承継やリスクへの備えなど様々なニーズに対し、高い専門性と職業倫理を持って、お客さま一人ひとりのニーズに合った商品・サービスの提供を行い、お客さまにご満足いただくこと」です。
  2. お客さまの最善の利益の実現のため、当行はお客さまとの対話やヒアリングを通じてニーズを深堀りし、課題解決に向けたアドバイスや商品・サービスの提案を行います。
  3. お客さま本位の業務運営に関する取組方針について、企業文化として定着を図るため、当行の経営陣により各種会議等を通じて全役職員に対して周知を行います。
2.お客さまのお役に立つ商品・サービスの選定
  1. 新たに取扱う商品・サービスの選定において、お客さまの最善の利益の実現に資するものなのかを検討するなど、お客さま本位の観点に立った、透明性の高い選定プロセスを取入れます。
  2. お客さまのニーズに合った最適な商品・サービスを提案するための体制を、全行一体となって整備します。
3.手数料等の透明性向上
お客さまにご負担いただく手数料等については、手数料水準の基本的な考え方を明確にし、購入時の手数料や継続保有時に発生する手数料などを重要情報シートや契約締結前交付書面などで、お客さまにご理解いただけるようわかりやすく説明します。
  • 重要情報シート(金融事業者編)についてはこちら(129KB)をご確認ください。
4.重要な情報のわかりやすい提供
  1. 商品・サービスの重要な情報については、文字の大きさや色等で目立つように表示するなど、お客さまにわかりやすい資料を作成・提供します。
  2. お客さまが投資判断を行う際の必要な情報を提供する場合は、重要情報シートを含む各種資料を利用し、様々な商品・サービスを比較できるように、メリット・デメリットをわかりやすく丁寧に説明します。
  3. 商品・サービスを提案する際には、パッケージ化の有無、個別購入の可否について重要情報シートを活用し説明します。
    • 重要情報シート(金融事業者編)についてはこちら(129KB)をご確認ください。
5.お客さまにふさわしい商品・サービスの提供
  1. 商品・サービスごとに想定するお客さま像(年代、投資経験等)を明示した上で、お客さまの投資目的やライフプランなどのお考えを丁寧に伺い、ぐんぎん証券とも連携しつつ、お客さまのニーズに合った商品・サービスを提案します。
  2. お客さまにふさわしい商品・サービスの提案が適切に行われているかモニタリングを行い、継続して改善することでお客さまの満足度の維持・向上を図ります。
  3. ぐんぎんアプリや休日に相談できる個人相談プラザなどお客さまとの接点となる多様なチャネルを整備・拡充し、お客さまの利便性向上を図ります。
  4. これから資産形成を始めようと考えているお客さまや、当行のお取引先の従業員の皆さまに対して、資産形成のお役に立つ情報提供を積極的に行い中長期的な資産形成を支援します。
  5. マーケット環境を的確に把握し、お客さまへ情報提供するなどフォローアップを充実させるとともに、マーケットが大きく変化した場合には、タイムリーな情報提供を行います。
6.人材育成・評価
  1. お客さまへの最適なコンサルティングに関する研修を実施するとともに、専門資格保有者の増強・資格取得支援を行います。
  2. 従業員の評価については、お客さまへのわかりやすい情報提供や、お客さまにふさわしい商品・サービスの提案や行動を適切に評価する仕組みを導入します。
7.取組状況の公表
お客さま本位の業務運営に関する取組状況について、成果指標等も合わせて、定期的に公表します。

2017年6月16日 制定

2022年6月30日 改定

2023年6月30日 改定

Get ADOBE READER
Adobe、Adobe ロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。