運用する

NISA(少額投資非課税制度)

ぐんぎんでNISA(少額投資非課税制度)を活用した資産運用を始めてみませんか?
一般NISAが
おすすめな人
  • 一度にまとめて投資したい人
つみたてNISAが
おすすめな人
  • 将来のために長期でコツコツ投資したい人
ジュニアNISAが
おすすめな人
  • 子どもや孫の将来のために投資したい人
ぐんぎんのNISA
特長 1

株式投資信託・上場株式の譲渡所得、配当所得が非課税!

投資限度額 年120万円

NISAとは、国民の資産形成を後押しするために創設された税制優遇制度※1です。
毎年120万円※2まで投資することが可能です。

当行では、株式投資信託が対象となります。

  1. ※12014年から2023年までの制度です。
  2. ※22016年から上限が20万円引上げられました。
特長 2

はじめた年から最長5年間、非課税期間となります!

非課税での保有期間5年間

投資から得た利益が最長5年間非課税となります。

非課税期間が終了した際には、NISA口座で保有している投資信託等を翌年の非課税枠に移すこと(ロールオーバー)が可能です。

特長 3

非課税投資枠は最大600万円

非課税投資枠 最大600万円
120万円×5年間)

投資限度額120万円を5年間積み立てた場合、最大額の600万円まで投資することが可能です。

特長 4

対象は日本に住む満18歳以上の方

対象者
日本に住む満18歳以上

非課税を受けようとする年の1月1日現在で満18歳以上のお客さまが対象となります。

NISAのお手続きの流れ

1

口座開設申込み

NISA(少額投資非課税制度)口座の開設をご希望のお客さまは、投資信託のお取引店にお申込みください。
新規のお客さまは、NISA(少額投資非課税制度)口座のほか、証券口座をご開設ください。

2

口座開設手続き

お申込みいただいた書類をもとに、当行はNISA口座を開設し、税務署に対し、NISA口座の二重開設がない事を確認いたします。
二重開設がない事が確認できましたら、当行でNISA口座での投資信託の購入・解約等のお取引が可能となります。

3

NISA(少額投資非課税制度)取引開始

インターネットバンキングでのお取引も可能です。

新しいNISA

2024年から、NISAの抜本的拡充・恒久化が図られ、新しいNISAが導入される予定です。

2024年からの新しいNISA制度のポイント

POINT 1

NISA制度が恒久化

これまでNISA制度は、新規投資ができる期限に定めがある暫定的な制度でしたが、今回の改正により、期限の定めがない恒久的な制度となります。

  • ジュニアNISAを利用した新規投資は2023年末をもって終了となります。
POINT 2

非課税期間が無期限に

現行NISA制度では、一般NISAで最長5年間、つみたてNISAで最長20年間と、非課税期間が限られていました。しかし、2024年1月からスタートする新しいNISA制度では、非課税期間が成長投資枠・つみたて投資枠ともに無期限になります。

POINT 3

非課税保有限度額は最大1,800万円

新しいNISA制度では、「非課税保有限度額」で残高の管理がされ、簿価ベースで合計1,800万円(うち成長投資枠は1,200万円)まで保有できます。また、換金した場合には再利用ができます。

POINT 4

年間投資上限額が最大360万円に拡大

現行NISA制度での年間投資上限額は、一般NISAを選んだ場合は120万円、つみたてNISAを選んだ場合は40万円でしたが、新しいNISA制度では最高360万円と大幅に拡大します。
内訳としては、現行の一般NISAの機能が引き継がれる成長投資枠が従来の2倍の240万円、つみたてNISAに当たるつみたて投資枠が従来の3倍の120万円です。
それぞれ大幅に増えており、今回の改正の目玉として注目されています。

POINT 5

成長投資枠とつみたて投資枠の併用が可能に

新しいNISA制度では、NISA口座に成長投資枠とつみたて投資枠の勘定が毎年設定され、同一年に双方の併用が可能となります。

NISAを2023年から始めるメリット

2023年までのNISA制度の非課税枠(一般NISA:120万円、つみたてNISA:40万円)は、2024年から始まる新制度の非課税保有限度額とは別に利用することができます。
…つまり
2023年に一般NISAの口座開設を行い、120万円の非課税投資をした場合、

最大で 1,920万円 ( 一般NISA120万円 + 新NISA1,800万円 )まで

非課税投資が可能となります。

つみたてNISA
特長 1

株式投資信託・上場ETFの譲渡所得、配当所得が非課税!

投資限度額 年40万円

つみたてNISAとは、国民の資産形成を後押しするために創設された税制優遇制度※1です。毎年40万円まで投資することが可能です。

当行では、一定の条件を満たす投資信託等※2が対象となります。

  1. ※12018年から2042年までの制度です。
  2. ※2購入時手数料を無料とし、また運用管理費用(信託報酬)の手数料率を一定水準以下とするなど、長期・積立・分散投資に向く公募株式投資信託等に限定。
特長 2

はじめた年から最長20年間、非課税期間となります!

非課税での保有期間20年間

投資から得た利益が最長20年間非課税となります。

特長 3

非課税投資枠は最大800万円

非課税投資枠 最大800万円
40万円×20年間)

投資限度額40万円を20年間積み立てた場合、最大額の800万円まで投資することが可能です。

特長 4

対象は日本に住む満18歳以上の方

対象者
日本に住む満18歳以上

非課税を受けようとする年の1月1日現在で満18歳以上のお客さまが対象となります。

つみたてNISAのお手続きの流れ

1

口座開設申込み

つみたてNISA口座の開設をご希望のお客さまは、投資信託のお取引店にお申込みください。
インターネットからのお申込みも可能です。
新規のお客さまは、つみたてNISA口座のほか、証券口座をご開設ください。

2

口座開設手続き

お申込みいただいた書類をもとに、当行はNISA口座を開設し、税務署に対し、NISA口座の二重開設がない事を確認いたします。
二重開設がない事が確認できましたら、当行でつみたてNISAでのお取引が可能となります。

3

つみたてNISA取引開始

インターネットバンキングでのお取引も可能です。

ジュニアNISA
特長 1

お子さまの将来に向けた資産運用のための制度です

投資限度額 年80万円

ジュニアNISAとは、NISA同様に国民の資産形成を後押しするために創設された税制優遇制度です。
毎年80万円まで投資することが可能です。

  1. 2014年から2023年までの制度です。
特長 2

はじめた年から最長5年間、非課税期間となります!

非課税での保有期間5年間

投資から得た利益が最長5年間、非課税となります。

非課税期間が終了した際には、NISA口座で保有している投資信託等を翌年の非課税枠に移すこと(ロールオーバー)が可能です。

特長 3

非課税投資枠は最大400万円

非課税投資枠 最大400万円
80万円×5年間)

投資限度額80万円を5年間積み立てた場合、最大額の400万円まで投資することが可能です。

特長 4

対象は日本に住む0歳~17歳の方
親権者の方等が代理で資産運用を行うことができます

対象者
日本に住む満017

口座開設者の方が18歳に達した後は、原則として口座開設者ご本人が運用指図を行うこととなります。

特長 5

18歳以降は自動的にNISA口座が開設されます

ジュニアNISAのお手続きの流れ

1

口座開設申込み

ジュニアNISA口座の開設をご希望のお客さまは、お近くの当行窓口にお申込みください。
なお、ジュニアNISA口座のほか、証券口座、専用普通預金口座をご開設いただきます。

  • 口座開設にあたって必要な未成年者非課税適用確認書の交付申請書の提出は2023年9月末までです。

2

口座開設手続き

お申込みいただいた書類をもとに、当行より税務署に対して申請手続きを行います。

3

ジュニアNISA取引開始

インターネットバンキングでのお取引も可能です。

各NISAの比較一覧表

  ぐんぎんのNISA つみたてNISA ジュニアNISA
対象年齢 18歳以上 18歳以上 18歳未満
非課税投資枠 年間120万円 年間40万円 年間80万円
投資ができる期間 2014年から2023年まで 2018年から2042年まで 2014年から2023年まで
非課税期間 5年間 20年間 5年間
ロールオーバー できます できません できます
開設できる口座数 同一年において1人につき1口座
税制優遇 株式投資信託などの売却益・分配金などが非課税
  • 非課税期間が終了した際には、NISA口座で保有している投資信託等を翌年の非課税枠に移すこと。
専任スタッフに相談したい場合は
こちら
平日夕方・休日
も営業中
お近くの店舗は
こちら
ネットでカンタンお手続き
証券口座、NISAの開設もネットでOK!
投資信託の取引(購入・換金等)や
照会が可能!

お問合わせ

群馬銀行ダイレクトセンター

0120-13-9138

  • 受付時間 9:00~20:00
    ただし、土・日・祝休日、12/31~1/3は除きます。


商号等

株式会社 群馬銀行
登録金融機関 関東財務局長(登金)第46号

加入協会

日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会

個人相談プラザ
口座開設