地域医療・福祉介護事業者の支援強化に向けた株式会社メディヴァとの包括的な業務提携の締結について

2021年6月29日

群馬銀行(頭取 深井 彰彦)、ぐんま地域共創パートナーズ(代表取締役 鏡山 英男)、ぐんぎんコンサルティング(代表取締役 武藤 慶太)の3社(以下、「群馬銀行グループ」)は、株式会社メディヴァ(東京都世田谷区、代表取締役社長 大石 佳能子、以下「MEDIVA」)と、地域を支える医療・福祉介護事業者の支援強化に向け、包括的な業務提携を締結しました。

主旨・背景

医療機能分化の進展、少子高齢化に伴う地域人口減少と患者層の変化、新型コロナウイルス感染症の拡大などにより、地域の生活インフラである医療機関や福祉・介護事業者等を取り巻く環境は激変しています。
群馬銀行グループでは、こうした環境変化の中でも安全・安心で豊かに暮らせる地域社会を実現するため、医療・福祉介護事業者の経営支援や金融支援に積極的に取組んでいます。
今般、医療機関向け経営コンサルティング会社のMEDIVAと業務提携を行うことで、より専門的な知見やノウハウのもと、地域を支える医療・福祉介護事業者のサポートを更に強化してまいります。地域包括ケアシステムの構築をはじめ、それぞれの事業者が機能を分担しあいながら相互に強みを発揮し、地域に最適な医療・福祉介護サービスが提供できる環境の整備に努めてまいります。

具体的な提携の内容

地域医療・福祉介護事業者の事業承継支援 経営者の高齢化や事業承継者の不在など、承継に困っている事業者の支援を行う
地域医療・福祉介護事業者の経営機能強化 より強靭な経営基盤構築を目指して、経営戦略提案などの経営支援を行う
地域包括ケアシステム構築に向けた関係者調整 医療・福祉介護事業者のほか、行政機関、企業、住民等との調整を行い、地域に最適なネットワークづくりに貢献する

MEDIVAの概要

社名 株式会社 メディヴァ
代表者 代表取締役社長 大石 佳能子
所在地 東京都世田谷区用賀2-32-18-301号
設立 2000年6月
事業概要
  1. 医療機関の経営コンサルティング
  2. 医療機関の経営支援・運営代行(PPM)
  3. 行政、企業のコンサルティング
  4. 在宅医療、地域包括ケア関連支援
  5. ヘルスケア・サービスの開発・運営
  6. 医療サービス・事業の海外展開支援
  7. 健保組合、企業の健康づくり

なお、このたび本業務提携の一環として、一般財団法人榛名荘(群馬県高崎市、理事長 笛木 敬介、以下「榛名荘」)の経営基盤強化に向けて、群馬銀行グループとMEDIVAが連携してサポートに取組むこととしました。
榛名荘は、1938年自然環境豊かな名峰榛名山の麓に結核療養施設として事業を開始しました。現在、「榛名荘病院」、「はるな脳外科」、「群馬脊椎脊髄病センター」において、地域の患者様を対象とした一般診療部門や脳外科、脊椎脊髄外科などの専門診療部門を運営しています。1980年代には、老健施設「あけぼの苑」を開業し、以後、福祉介護事業も幅広く展開しています。
地域の人口構成変化やそれに伴う医療・福祉介護の在り方の変化も踏まえ、榛名荘がより地域にあった医療・福祉介護サービスが提供できるよう、榛名荘、群馬銀行グループ、MEDIVAの3者が連携し、健康で豊かな地域社会の実現を目指してまいります。

榛名荘の概要

法人名 一般財団法人榛名荘
代表者 理事長 笛木 敬介
所在地 群馬県高崎市中室田町5989
設立 1938年10月
事業概要 医療:榛名荘病院、群馬脊椎脊髄病センター、はるな脳外科、他
福祉介護:あけぼの苑、あけぼの苑高崎、総合ケアセンター榛名荘、他
職員数 約600人

以上