「継承ジャパン投資事業有限責任組合」への出資について

2021年9月30日

群馬銀行(頭取 深井 彰彦)は、TSUBASAアライアンス※1に参加する株式会社千葉銀行、株式会社第四北越銀行、株式会社中国銀行、株式会社東邦銀行ならびに独立行政法人中小企業基盤整備機構およびLBPI株式会社※2が共同で設立した「継承ジャパン投資事業有限責任組合」(以下、「本ファンド」)への出資を決定しましたので、お知らせいたします。
本ファンドは、新型コロナウイルスの影響を受けている企業や事業承継等が必要な企業を対象に、企業価値向上に向けたハンズオン支援を積極的に行うことによって、企業の事業承継・事業再構築などの経営課題の解決を図っていくファンドです。
また、本ファンドは、TSUBASAアライアンスによる連携施策であり、投資先の発掘や投資先の企業価値向上などにおいて、TSUBASAアライアンスの広域ネットワークを活用していきます。
当行では、投資専門子会社「ぐんま地域共創パートナーズ株式会社」の設立など、資本性資金の供給やハンズオンによる伴走型のお客さま支援の強化に取組んでいます。今回の出資を通じて地域のお客さまが抱える事業承継の課題解決に貢献していくとともに、お客さまの事業支援をさらに充実させてまいります。

  • 当行、千葉銀行、第四北越銀行、中国銀行、伊予銀行、東邦銀行、北洋銀行、武蔵野銀行、滋賀銀行、琉球銀行が参加する地銀広域連携の枠組み。
  • アドバイザリー業務や投資ファンドの管理・運用などを手がけるロングブラックパートナーズ株式会社の100%出資子会社。

本ファンドの概要

名称 継承ジャパン投資事業有限責任組合
ファンド総額 3,650百万円(うち当行出資額100百万円)
組合員構成 当行、千葉銀行、第四北越銀行、中国銀行、東邦銀行、独立行政法人中小企業基盤整備機構、LBPI株式会社
設立日 2020年11月30日
存続期間 10年間
業務運営者 LBPI株式会社

以上