グリーンボンド充当状況および環境改善効果レポーティングについて

2021年11月26日

群馬銀行(頭取 深井 彰彦)(以下、当行)は、当行グリーンボンドフレームワークに基づき、グリーンボンドの充当状況および環境改善効果につき下記のとおりお知らせいたします。なお、当該レポーティングはグリーンボンドの残高が存在する限り年次で開示予定です。

2021年9月末日時点

適格クライテリア
カテゴリー
充当状況
レポーティング
環境改善効果
レポーティング
金額 CO2削減量 ※2
グリーンボンド手取金 9,950百万円 -
充当済金額 ※1 9,950百万円 -
  a.再生可能エネルギー 9,881百万円 12,548 t-CO2 /年
    太陽光発電事業 9,423百万円 4,496 t-CO2 /年
    水力発電事業 457百万円 8,052 t-CO2 /年
  b. エネルギー効率 23百万円 47 t-CO2 /年
  c. クリーンな輸送 45百万円 11,680 ㎏-CO2 /年
未充当残高 - -
  • グリーンボンド手取金(9,950百万円)は、全て新規融資に充当しております。
  • 本グリーンボンドによるCO2削減量の合計は、12,607 t-CO2/年となりました。
    これは、約6,600世帯の年間の電気消費により排出されるCO2に相当します。
    (環境省「令和2年度家庭部門のCO2排出実態統計調査結果の概要(速報値)」をもとに算出)

(参考)社債概要

社債の名称 第5回期限前償還条項付無担保社債
(実質破綻時免除特約及び劣後特約付)(グリーンボンド)
発行額/年限 100億円/10年(期限前償還条項付)
発行日 2019年11月26日

以上

ご注意: この文書は、当行が上記の社債発行に関して一般に公表するための発表文であり、投資勧誘を目的として作成されたものではありません。投資を行う際は、必ず当行が作成する発行登録目論見書並びに発行登録追補目論見書をご覧いただいた上で、投資家ご自身の判断でなさるようお願いいたします。